« コピーワンス問題決着? | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第11話 輝きの星) »

2007/07/08

アニメ日記(グレンラガン 第11話 シモン、手をどけて。)

OP曲がオリコン3位(でしたっけ?)という自体に発展した本作。
本作の人気なのか、しょこたんの人気なのかよく分かりませんが、もってけセーラー服同様、凄い世の中になったものです。

と、今回の話は、熱かった。
ところで、EDの画、ちょっと違いましたよね?
最後にカミナ出てましたっけ?

とりあえずいつも通り、ストーリーを追いつつ、レビューです。
ネタバレ続きへ

相変わらず閉じこもりっぱなしのシモンなようです。

今回も螺旋王と四天王の絡みからスタート。
グアームとやらの爺さん獣人は、螺旋王とも長い付き合い、絶対的な権力では王と四天王という立場に変わりないですが、他の四天王よりは螺旋王に近しい存在なようですな。

ゴミ置き場に放置され、すっかり汚れてしまったラガン。
それを見て、あんまりだというニアでしたが、当の本人は部屋の壁を掘ってカミナの像を作り続けるという以前にも増してヤバイことに。
そんなシモンに周囲の人達も、あいつはダメだと言われる始末。

そんなシモンの部屋を尋ねるニア。
いつものように、アニキみたいには成れないとブツブツ言ってるシモンの横でカミナの像を見て、上手ですねぇと天然炸裂。

そうこうしているうちに、明らかに敵の罠と分かる通信がw
とりあえず、カミナなら躊躇わないという理由で助けに向かうことに。

主砲はまだ打たずに・・・発射ーーーw
敵ガンメンは逃げ、女達をダイグレンに招きますが速攻で獣人に占拠されました。

獣人の標的はラガンとニア。
そのニアは、シモンはシモンで良いと思います、という言葉を残し獣人に連れて行かれました。
その間、シモンは震えることしか出来ず・・。
他のメンバーも全員捕まり公開処刑をされることに。

ニアはグアームの元に連れて行かれ、そこで自分が捨てられ抹殺指令が出ていることを改めて知ることになりました。
螺旋王は永遠の命を宿し、もう1000年は生きている。
故に、子供を作るのも余興、飽きたら捨てる・・かつてニアが王に聞いたこと「何故生まれてきたのか」その問いに対して、王は自我を持つ人形は必要ないと捨てたのでした。
自分も人形と同じ、命ある存在であることを否定され、涙を流すニア。
そんなニアに、螺旋王の元に送る女達の教育係にならないかと持ちかけるグアーム。
そうして送られる人達もまた、人形・・・ニアは立ち上がりグアームを平手打ちし、吹っ飛んだグアームは汚らしく笑い声を上げる。
このグアームとやら、かなり曲がった良い(悪い)キャラしてますな。

そんなこんなで閉じこめられたグレン団ご一行。
穴蔵育ちなめんな!と脱出を試みますが、硬い岩盤に傷一つ着けられずに困り果てる一同。
そんな中、シモンはラガンのキーで黙々と岩盤に穴をあけていきます。

そう、いつも最後にカミナを救い助けて来たのはシモン。
カミナの強がりを支え、黙々と着いて、時には先を掘り進んできたのはシモンでした。
お前を信じろ、俺の信じるお前じゃない、お前の信じるお前を信じろ。
その言葉にシモンの想いが重なったとき、ラガンのキーに光が戻りラガンも輝きを取り戻しシモンの元へ還ってきました。
ちょっと感動です。目頭熱くなります。
このまま、後半の復活劇に繋がっていくわけです。

ラガンが見つからず焦るグアーム。
それを見透かし、シモンは貴方なんかに負けないと強い意志を曲げないニアですが、それが逆にシモンを敵のターゲットにしてしまう。
負けない、自分も死なない、シモンを信じる、その若くまっすぐな想いに嫌気がさし、ニアに銃口を向け引き金を引くグアーム。
絶体絶命のピンチを救ったのはシモン・・・ではなく、お爺さんでしたw
ど、どこから湧いてきた?!
このお爺さん、エウレカセブンのあのお爺さんみたいですな(パクリか?)。

と、その直後、主人公の登場です!
下から突き抜け、ニアの手枷を割り、そのまま天井も割ってニアの救出に成功!
って、お爺さんどこにw!?

ニアを助け出し、何か吹っ切った様子のシモン。
俺分かったんだと晴れ晴れとした顔で話しかけるシモンの手は傷だらけ。
その手を見たニアは「シモン、手をどけて」と言い、傷だらけのシモンの代わりに操縦桿を握りました。

シモンとニアが上空でいちゃついてる間に、グレン団の皆さんは大ピンチ。
獣人を捕まえ、形勢逆転するもグアームの乗るガンメンのパワーにグレンが食われ、ヨーコのライフルも通じない。
必死に何とかしようとするロシューの元へ響くシモンの声。

見事にグレンラガンへと合体を果たすシモン。
アニキは死んだ、もういない、でも、俺の背中にこの胸に一つになって生き続ける!
穴を掘るなら天を突く!
墓穴掘っても堀抜けて、突き抜けたら俺の勝ち!!
俺を誰だと思っている、俺はシモンだ、カミナのアニキじゃない。
俺は俺だ!
穴掘りシモンだ!!
復活を遂げたシモン、涙を振り払い、アニキの残した必殺技でグアームの乗るガンメンを粉砕しました!
いやぁ、熱いです。ちょっとバスターコレダーみたいに見えたのとかどうでもいいくらい熱いです。
この辺りのテンションの高さは、ガイナックスの真骨頂といったところでしょうか。

そして、ニアはあの、捨てられた場所へ行きたいと願い出る。
自分と同様に捨てられた姫達を手厚く葬る一同。
お父様が全てだった、最後まで信じたかった、何故、生まれてきたのでしょうと哀しみを新にするニア。
生まれとか関係ない、ニアはニアらしくすればいい、そういって拾い物(掘り出し物)ですが、翡翠のような石をプレゼントするシモン。
今度は、シモンの言葉がニアを救いました。

見事復活を遂げたシモン。
そのシモンをみんなもリーダーとして認め、いよいよ都へと突き進んでいきます。


冒頭でも書きましたが、ほんと熱かったです。
ここ数話のもやもやを一気に晴らしてくれる話数だったと思います。
なんだかかんだ言っても見せ方がうまいなぁっと思いました。
さて、ここからシモンの活躍が!って、次回はサービスカット満載!?

|

« コピーワンス問題決着? | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第11話 輝きの星) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/15687160

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(グレンラガン 第11話 シモン、手をどけて。):

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第11話 「シモン、手をどけて」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 32 / 萌え評価 18 / 燃え評価 56 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 26 / お色気評価 28 / 総合評価 29レビュー数 211 件 アディーネを退けた大グレン団。だが未だ立ち直れないシモンは部屋に引きこもってしまう。皆が見放していく中、一人ニアだけが彼を気遣うのだった。都を目指すダイグレンに入る緊急通信。あからさまに怪しい通信内容にリーロンたちは罠だと疑うが、キタンはそれをきかずに救助に向かってしまう。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/25 03:05

« コピーワンス問題決着? | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第11話 輝きの星) »