« web拍手入れてみた | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第14話 荒ぶる者) »

2007/07/29

アニメ日記(グレンラガン 第14話 皆さん、ごきげんよう。)

時間が無かったり、PS3&PSPの記事に時間を割いてしまったりしていたせいで、アニメ日記が相当溜まってしまいました。
選挙はおいといて^^; ここらで出来るだけ消化です。

団結も固くなったダイグレン団。
さて、今回からの展開は?!

というわけで、いつも通り、ストーリーを追いつつレビューです。

ネタバレ続きへ

いきなり冒頭から、一ヶ月後^^;

亡きアニキの墓標を前に、自分にしか出来ないことをやってくると決意を新たにするシモン。
あの時、ヨーコは何を言ったのでしょうね・・ちょっと切ないシーンでした。

かつて螺旋王を初めとする獣人たちが人間を地下に閉じこめた事は事実ですが、ラセンの力、これはシモンのもつドリルでしょうね、それが逆にシモン達を滅ぼす力であると、知らぬが故に戦える・・。
ラガンとドリルキーの生い立ちに一歩踏み込みかけた、といったところでしょうか。

テッペリンの攻略をするべく戦い続けること六日。
ダイガンテンからくすねた飛び玉を使い、飛行するダイグレン。
ダイガンテンから射出される飛行型ガンメンに主砲発射も・・下手な鉄砲は数撃っても当たりませんでした。

出撃するダイグレン団のガンメン。
って、えぇ!?みんな飛んでる!
確かにそうしないと戦いにならないけど・・・一体どうやって小型の飛び玉を??
で・・グレンにはロシュウなのかぁ。ヨーコで行って欲しい気が・・。

そんなこんなでいよいよ始まる空の決戦。
とはいえ、地上からもダイガンドとやらが攻めてきて、大ピンチのダイグレン。

空の敵はグレンラガン、地上の敵はガンメン隊。
それぞれに別れての戦いへと発展していきました。

おびただしい数のガンメンを前に、怯むことなく挑んでいくシモン。
なんか、ちっちゃいドリルいっぱい出た・・・これはもしやイデオンの?!
前回のスクランダーに続いて、今回はイデオンですか。
全方位ミサイルを撃ち、疲れたシモンはロシュウにバトンタッチw。
マクロスバリのミサイルの嵐をなんとか交わしていくグレンラガンが格好良かった。

しかし、全方位ミサイルのせいでパワーを使いすぎて、雑魚ガンメンに捕まり大ピンチ。
ダイグレンからの援護射撃も届かず、もうダメかと思ったその時、どこからともなく放たれた艦砲射撃がピンチを救いました。
その正体はなんと!以前、獣人側が人間に絶望を与えようとして見せた映像をみて、発起した人間達でした。(みんな同じ形で雑魚キャラ決定ですが)
人間達に諦めさせるつもりが、シモンのグレンラガンの活躍によって、逆に人間達に希望を与える結果となっていたようです。
凄まじいまでの砲撃を繰り広げる仲間達。
一気に劣勢に陥る獣人。
怒りに燃えたシトマンドラがシュザックを変形させるも、そこへダイグレンが突っ込み、コケーー!
って、ダヤッカ、お前の目が光ってどーするw
そのままダイガンテンを撃破!更に、落下したダイガンテンがダイガンドへ突っ込みダブルプレー!
と思いきや、ダイガンドは無事。
恐るべしダイガンド。
更にテッペリン直下へと入り、高速回転をはじめ、テッペリンへエネルギーを供給し始めるダイガンド(っていうか、回ってるのはグアームかw)。

そこから吹き荒れる嵐はシモン達の進軍を阻みますが、血気盛んな新人たちはそこへ突っ込み敢え無く爆死。
愚かにも後を追い、突っ込んでいく残りの新人達を止めように通信が出来ず、止められない。
そこへ現れたのは、でっかいニアでした。
息をいっぱい吸い込み、とまってくださーい!
ホントに止まっちゃいました。っていうか、勝手に調理主任になってるし。

シモンが竜巻を止めてくれる、何故ならば!(ここだけちょっとトップをねらえ2っぽかった)シモンのドリルは天を突くドリルなのだから!
そう!穴掘りシモンにしか出来ない事、ダイガンドへ直下からのドリル攻撃を仕掛けるため、地中を掘り進む。
うまいこと奇襲に成功するも、分厚い装甲を貫けないグレンラガン。
そんなグレンラガンを潰そうと逆噴射!
しかし!それが仇となり、潰されたショックで先っちょが入りましたw
そしてそのまま一気にダイガンドの回転を相殺&逆回転開始。
逆回転によって生じたエネルギーがそれまでのエネルギーを相殺し、竜巻も吹き飛びました。

しかしそれは、次なる戦いの幕開けに過ぎず・・。
自ら崩壊していくテッペリンの(居住?)ブロック。
その奥から現れたのは・・巨大な顔でした。


いやぁ、ガイナックスお得意の~日後が炸裂し、一気に展開が進みました。
慣れもあるでしょうが、個人的にはアリです。
そして今回も熱く、面白かったですねぇ。
雑魚新人の登場も過去にグレン団が増えたときほどの感動はなかったですが、おぉ!と思えましたし、戦闘シーンも良く動き、気合いが入っていましたね。
やられそうになっては逆転し・・とお約束ではありますが、展開の熱さでそんなことは些細な問題と見えてしまうから不思議です。
次回はいよいよ螺旋王との戦いなのか!?
これまた一気に展開が進むのか?!
期待です。

|

« web拍手入れてみた | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第14話 荒ぶる者) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/15941850

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(グレンラガン 第14話 皆さん、ごきげんよう。):

« web拍手入れてみた | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第14話 荒ぶる者) »