« シリーズ初のOVA化! キャスト陣のコメントも!! 『ARIA The OVA』 | トップページ | アニメ日記(グレンラガン 第12話 ヨーコさん、お願いがあります。) »

2007/07/12

アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 14 純真-Naive×Nobility)

前回に引き続き、ドイツとイタリアの戦い。
今回は、ドイツ側の搭乗者のお話がメインでした。

いつものように、続きへ

共鳴感応システムからの映像ピックアップが出来ず、心配になるスタッフ。
当のシンゴは何やら荒廃した大地に立ち、自分の影と対峙する。
これは、スサノヲからの問いかけなのか?

ついに始まるイタリアとドイツの直接戦闘。
ウルカヌスが先制攻撃を仕掛けますが、ミネルヴァスに対して有効なダメージを与えられない様子。
なにか、バリヤーの様なものが展開していましたね。
そして、ミネルヴァスからのレーザー攻撃により、右側フライトユニットが大破。
いきなりピンチに陥るウルカヌス。
そこでシンゴ達はミネルヴァスのコックピットに飛ばされ、共鳴感応からのモニターも回復しました。

共鳴感応中にその対象が変わる。
前回では過負荷となってしまったことで、シンゴとマナにどんな影響が出るか分からず、感応レベルを下げさせる司令でしたが、システムがそれを受け付けない。
さらには、強制切断、セーフティシステムによるコックピット強制排出すらも受け付けず・・。
って、前にやった物理的な排出はどうした?とか突っ込んじゃいけませんか。

ドイツのトランスレータであるミハイルは、人工天才計画とやらで生まれた遺伝子的に弄くられた子供。
うっちー主任も日本版の計画で生み出された子供。
何のために生まれてきたのか、そんな共通の悩みを持つ、子供でした。

ドイツのパイロット、エレナは共鳴感応中のマナが見えているのか、マナの方向みて微笑む。
そして、シンゴ達は二人の過去の思い出へと飛ばされる。

そこは、イタリアの時と同じく、イギリスとフランスの戦いへの横やりの場面。
こちらは、騙されて憤る描写がないことから、事実を知った上、もしくは知ってもやることをやった、として特に気にすることもなかった・・ということでしょうか。
どころで、ドイツのギガンティックは凄いですね。
あの厳つい肩(腕?)は、主砲でしたか。

ミハエルは天才として作られ、そこにアイデンティティを求めているのか、12歳にして達観していますね。
しかし、そのミハエルもギガンティックからの浸食を受けて、腕が光る・・。
それを見て驚くシンゴの手を握り、優しく微笑むマナ。

滅菌シャワーとやらを浴びる二人。
エレナには同様の現象が起きていないか、体は大丈夫かと尋ねるミハエルですが、エレナが無邪気に私の体を見てみる?と、カーテンで隔てられた隣のシャワールームから出てくる。
ミハエルの心配事を察してか、一応年上のエレナがそっと抱きしめ、心配しなくていいと慰める。
その行為に苛つくミハエル。
トランスレータである自分がミネルヴァスを一番よく分かっている・・そう言いかけて、以前よりもミネルヴァスの意志がはっきり聞こえない事を改めて自覚する。

再びイタリアのギガンティックとの戦いの場面へと飛びます。
殆ど一方的に戦いを進めるミネルヴァス。
しかし、今までと違い、ミハエルの指示を受けずともうまく戦ってみせるエレナ。
一方ウルカヌスは、攻撃を防ぐのが精一杯。
さらにはルクレツィアがレオンをかばい、負傷、意識を失ってしまう。
武器を失い、勝負は決しているのにもかかわらず、死ぬときは一緒と意を決して突っ込むレオン。
哀しみながらもミハエルを守るため、引き金を引くエレナ。
放たれる閃光。

戦いが終わり、何故か苦しむエレナ。
そのまま意識を失ったエレナの首には、ミハエル同様天才計画により生まれた証であるナンバーが刻まれ、ギガンティックからの浸食現象が現れていました。
大切な人を失って初めてその想いに気づく。
こんなのは戦争じゃない、神々は人間に何をさせたいんだ・・涙を流し叫び声を上げるミハエル。
その言葉はシンゴ達にも苦悩を与えました。


さて・・・エレナは死んじゃったのでしょうか?
次回予告にもその姿は(ミハエルもですが)出てきませんし・・・。
天才であるが故に、一般人とは違うと強がってきたミハエルに対し、ひたむきに純真に生きてきたエレナ。
二人の天才が織りなす、切なく悲しいお話でした。
そして、レオン達は・・・。
久々に搭乗者が死亡するという結果に終わり、今回ミハエルが最後に叫んだ神々は何をさせたいのか、という命題をより一層際だたせたのではないでしょうか。

|

« シリーズ初のOVA化! キャスト陣のコメントも!! 『ARIA The OVA』 | トップページ | アニメ日記(グレンラガン 第12話 ヨーコさん、お願いがあります。) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/15731313

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 14 純真-Naive×Nobility):

» 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 。。。。 第14話 純真 [幻影現実 私的工廠 ブログ]
さすがは ドイツのギガンティック。 変形して 巨大な砲と化した。 いかにも ドイツ人の好みだな、陸上での巨砲は。 よっぽど カール自走砲や レオポルド列車砲 を甦らせたかったのだろう(笑) イタリアのギガンティック 敗北。 イタリアVSドイツ、としては、人間ドラ...... [続きを読む]

受信: 2007/07/12 10:20

» レビュー・評価:機神大戦ギガンティック・フォーミュラ/第14話 『純真』 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 3 / 萌え評価 25 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 48 / お色気評価 54 / 総合評価 26レビュー数 31 件 オーストリアが提供した交戦地帯において、ゲルマンドイツ連邦のギガンティック・ミネルヴァスXIとウルカヌス1による激しい決闘戦が続いていた。共鳴感応した慎吾と真名の目前で、ミネルヴァスXIのトランスレータにして天才児のミハイルは、パイロットであるエレナの力を借りることなく、単独でギガンティックを操る。 ... [続きを読む]

受信: 2007/08/01 14:49

« シリーズ初のOVA化! キャスト陣のコメントも!! 『ARIA The OVA』 | トップページ | アニメ日記(グレンラガン 第12話 ヨーコさん、お願いがあります。) »