« BTとソニー、PSP向けのテレビ電話ソフトを発表 | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第19話 星系間侵攻) »

2007/08/24

アニメ日記(グレンラガン 第19話 生き残るんだ どんな手段を 使っても)

変わってしまった環境、変わってしまったニア、変わらないシモン。
変わらないが故に幽閉されてしまう。

さて、どうなってしまうのか。

続きへ

シモンの手にかけられる手錠、倒されるカミナの像。
大グレン団のお陰で、地上を手に入れ、明るい生活をしてきたはずの市民。
しかし、月が落ちてくることがわかり、しかもその引き金を引いたのは、ロージェノムを倒したシモンと大グレン団であると知ると一転、その怒りの矛先をシモン達にぶつけてくる。
シモンをかばいきれないというロシウ。
何も分かっていないと、あの時のカミナと、あの時の司祭と同じだと、お互いをののしるシモンとロシウ。
今までロシウは、変わらないシモンをかばってきた・・もちろんシモンはそんな風には思ってないわけで。
ひたすらに地上を追い求めていたシモン達と、自分の村を守るために犠牲を伴う暮らしをしてきたロシウ。
そんな二人の差、でしょうね。

そうしている間も、暴動は収まらず、騒ぐだけしか能がない市民達はわめき散らします。

月からの敵に対し、手だてを考えるオカマ姉さん達ですが、はっしゃーーの人のお陰で解決の糸口が。
これがシモンの首を更に絞める結果にも繋がるのですが・・。

ロシウ達が生き残る術を調べている中、月の衝突にも耐えうる地下都市が複数有り、そこに60万人以上の人々が収容できる事が分かる。
とはいえ、30万人以上はあふれちゃうわけで・・。
そして、ロージェノムの記憶の中に恐るべきデータが。
この辺は、後半。

始まるシモンの裁判。
いきなりの死刑宣告。
納得のいかないキタン達は騒ぎますが、ロシウの理論の前に言いくるめられそうになる。
そこへ突如現れるニア。
その言葉は相変わらずですが、左手の薬指には婚約指輪がはめられていました。
ここが、突破口になるのでしょうか。

ニアが消えると同時に、はじまる攻撃。
避難のためのシェルター建設中のリットナー村へ大量のムガンが現れ、あっという間に壊滅。
そのままカミナシティへと向かってくる敵に対し、俺をグレンラガンに乗せろというシモン。
逃亡するかも知れない死刑囚をグレンラガンに乗せるわけにはいかない、そう言い放つロシウに、爆弾でも積んで、逃げたら爆破しろと叫ぶシモン。

シモンの乗るグレンラガンが発進準備に取りかかる。
しかし、そこには起爆装置を装備したキノンの姿が。
しかも、爆弾の乗っているのはキノンが乗るグレン部分のコックピット。
こうすれば、否が応でも生きて帰ってくる必要がある、生きて帰って死刑になれ・・本当にロシウがそう思っているかは分かりませんが、無事に帰れば問題ありませんからというキノンの表情は、少しだけ昔のように見えましたね(ロシウへの愛のせいかな?)。

逮捕されたハズのシモンが乗っているグレンラガンが発進していく様をみて、怪訝そうにする市民。
そこへ始まるロシウの放送。
シモンは死刑、今発進したグレンラガンにも監視用の爆弾が積まれている事を告知。
そして、地下シェルターへの避難が語られ、いよいよ、ロージェノムが残したデータから見つけた宇宙航行用ガンメンともいうべき、アークグレンを白日の下に晒す。
沸き上がる歓声、ロシウコール。
思わず含み笑いのこみ上げるロシウ。
逃げるロシウと立ち向かうシモン・・とも言えますね。
しかし、アークグレンとは。宇宙に待避しても意味無い気がするのは私だけでしょうか?
それに、キノンの事は語らず、あの英雄気取りとも取れる表情・・ちょっと卑怯かも。

そうこうしている間も、シモン達は戦い、司令塔かもしれない大型のムガンに攻撃を仕掛ける。
しかしニアが現れ、シモンが動揺したのか、ムガンに阻まれ攻撃は失敗。
大量のムガンに取り囲まれてしまいますが、新技「ギガドリルマキシマム」が炸裂。
全身からギガドリルが伸び、一気に殲滅しました。
しかし、グレンラガンも大ダメージを追ってしまい、大型ムガンが残っているのに、立ち上がる事が出来ない。

そこへギミー達グラパール隊が現れ、カミナシティへ向かう大型ムガンに対して攻撃を仕掛ける。
その手には、飛散爆発するコンテナをエネルギーフィールドで閉じこめ、その中で爆発させるという対ムガン用兵装が装備されていました。
そして、それは、グレンラガンが必要ないということを示す装備でもありました。
帰還したシモンからコアドリルを受け取り、グレンラガンを廃棄すると言うロシウ。

護送されるシモン。
駆けつけるキタン。
そこでキタンが目にしたものは、キノンが乗っていたコックピットに積まれた爆弾。
怒りに震えロシウに殴りかかりますが、悲しく空を切り、仕舞いには、キノンに平手打ちを食らってしまう。
自分で志願した、ロシウの役に立ちたかった、ロシウの事を何も分かってないと言われ、呆然とするキタン。
ここにも変わらない男の悲しい姿がありました。

超弩級戦犯として死刑執行までの間、収監されるシモン。
そこにはあの、ヴィラルの姿が・・・。


えっと・・・キノン、揺れすぎw
予告を見る限り、逃げる方のロシウも一筋縄ではいかない様子。
さてさて、どうなるのでしょうか。

|

« BTとソニー、PSP向けのテレビ電話ソフトを発表 | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第19話 星系間侵攻) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16227601

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(グレンラガン 第19話 生き残るんだ どんな手段を 使っても):

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第19話「生き残るんだどんな手段を使っても」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 8 / 萌え評価 9 / 燃え評価 13 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 19 / お色気評価 9 / 総合評価 11レビュー数 186 件 敵を撃退し帰還したシモンはロシウによって逮捕され、そのまま独房に監禁される。カミナシティで暴動を起こした民衆を鎮めるにはこの方法しかないと言うロシウに対し、キタンやダヤッカらグレン団のメンバーはいきり立つものの何も言い返せない。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/11 23:53

« BTとソニー、PSP向けのテレビ電話ソフトを発表 | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第19話 星系間侵攻) »