« 来ました。PS3用チューナー(PAL圏のみ;_;) | トップページ | アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 21 衝動 -Unstable×Urges-) »

2007/08/24

アニメ日記(クレイモア SCENE21 ピエタ侵攻 I)

コミックを、7巻まで読みました。
クレア対覚醒したオフィーリア辺りです。
面白いです。
時間があり次第、追加購入していきます。

さて、今回からタイトルも変わり、ピエタでの本格的な戦いです。
死屍累々、そんな感じ。

いつも通りストーリーを追いつつ、レビューです。

雪の降り積もる中、ピエタを目指すイースレイ、プリシラ、ラキの3人。
ピエタを攻め落とすこと自体は、手下にやらせ、自らは手を下さない様子。
20名を超えるクレイモアも手下だけで問題ない、ということでしょうか。

その手下達を待ち受けるクレア達。
以前攻めてきた3人とは、強さのレベルがまるで違う。

南へ進軍するため、ピエタへと侵攻するイースレイ軍。
ということは、ここでクレア達が負ければ、南へ進軍され、深淵の者同士の戦いが本格化してしまう、ということ。これは一大事です。

いよいよピエタの街にその姿を現す覚醒者たち。
部隊に分かれそれぞれ待ちかまえるクレイモアたちですが、警戒していたにもかかわらず先制を食らい、そのまま一人、二人とやられていく。

圧倒的な力の前に、命を落としていくクレイモアたち。
その一方で、昨晩の出来事で吹っ切れたウンディーネが仲間と共闘するなど、敵を打ち破っていくクレイモア達の姿も。
特に、クレアの高速剣とフローラの風斬りが競演し、太刀筋の見えない二人の剣が覚醒者を細切れにしていく様は圧巻でした(が、しかし・・)。

その様子を見守り、ピエタ攻略に時間がかかすぎていると見る、銀眼の獅子王と呼ばれる男、リガルド。

一方ゆっくりとピエタを目指すイースレイ達は、いつの間にかプリシラがはぐれてしまう。
どうやらお食事の時間だったようですが、そんなことは知らないラキは、プリシラの身に何かあったと後を追ってしまう。
そして、そこでプリシラが人の内臓を食らっているのを目撃し・・その正体に気づき、剣を向ける。
しかし、突然泣き出し、家族の名を口にするプリシラに対し、情を感じてしまったのか、ラキは剣を落とし後ずさりをする。
そしてそこへ現れたイースレイに対し、妖魔であることを知っていたのかと尋ねるラキ。
プリシラは妖魔じゃない、覚醒者だとイースレイから真実を告げられながらも、泣きながら内蔵を食らい続けるプリシラの背中を、そんなことしちゃだめだと抱きしめるラキ。
プリシラ自身、内蔵を食らうことでしか渇きを癒せないないから泣いているわけではないとは思いますが、ラキにはそんな風に映ったのでしょうね。
一歩間違えば、自分もこうなっていた、とでも思ったのでしょうか・・。
というか、イースレイの正体にも気づこうよ、ラキ。

一方ピエタでは、善戦するも覚醒者の数に徐々に押されるクレイモア達。
しかし、その時一つの咆吼が聞こえ、覚醒者達がその場を去っていく。
異変にとまどうクレイモア達。
その異変のわけにいち早く気づくクレア。
それは、とてつもない力を持つ者の来訪を告げるものでした。

クレイモア達の前に現れるリガルド。
それを見たミリアは驚きを隠せない。
そのわけは語られませんでしたが、二つ名があるということは、もしかして深淵の者の一人?

そしてリガルドは、その圧倒的な力でベロニカを瞬殺。
リガルドの一撃をなんとか止めたウンディーネも、その剣ごと両腕を引きちぎられ、そのまま斬殺される。
各部隊のリーダーを潰す、その目的に気づいたジーンは、まずはフローラを守れと指示、なんとか攻撃をしのぎ、必殺の突きを繰り出しますが、リガルドにいとも簡単に避けられ、そのままやられてしまう。
成り行きとはいえ、自分を慕い、自分を守ると言ってこれまでついて来てくれたジーンを殺され、怒りに震えるクレア。
一気に妖力を解放し突っ込みますが、弾かれ、次の瞬間、フローラが切り裂かれてしまいました。


えっと・・フローラ、弱くないですか?
ジーンだって、少しは攻撃をしのいでいたのに・・。
高速剣と風斬りの競演シーンでは、こいつやるな、とか思ったのに。
それとも、半覚醒の状態であるジーンの方が遥か強くなっていた・・という事でしょうか。
さて、こんなとんでもないヤツ相手に、残りのメンバーは一体どうなっちゃうのでしょうか。
というか、ジーン・・やられちゃうのね。クレアのお供として活躍してくれるのかと思ったのになぁ。
クレアが高速剣で牽制、足止めしつつ、ジーンの突き・・そんなのを期待していたのですが。
残念です。
次回は、やはり半覚醒4人組が生き残り、活躍&リガルド撃破、でしょうか?
そうなると益々ジーンが・・。
とりあえず、楽しみではありますが。

|

« 来ました。PS3用チューナー(PAL圏のみ;_;) | トップページ | アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 21 衝動 -Unstable×Urges-) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16221996

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(クレイモア SCENE21 ピエタ侵攻 I):

» レビュー・評価:クレイモア/Story21 ピエタ侵攻I [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 17 / 萌え評価 14 / 燃え評価 91 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 42 / お色気評価 28 / 総合評価 40レビュー数 35 件 ピエタの町に、銀眼の獅子王・リガルド率いる多数の覚醒者の侵攻が始まり、いよいよ決戦の火蓋が切られた。ミリア、クレアたちは、前哨戦と同じように5つの隊に分かれて反撃し、死闘の末、3匹の覚醒者を倒す。だが、クレイモア側も、パメラ、クラウディア、リリーたち経験の浅い者たちが5人戦死してしまった。 その頃、イースレ... [続きを読む]

受信: 2007/08/25 15:31

» CLAYMORE(クレイモア)SCENE21 ピエタ侵攻Ⅰ [動画置き場]
 原作では「いつ死んだのさ?」な戦士の死も描写され補完が色濃い展開。  死に方は至って原作者である八木教広先生のクオリティ。  だがよく放送できたな……。  まあ、テレサの最後がそのままだったりカティアも例に漏れずだったので製作スタッフの心意気を感じる。 ...... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 09:14

« 来ました。PS3用チューナー(PAL圏のみ;_;) | トップページ | アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 21 衝動 -Unstable×Urges-) »