« ソニーの発表が熱い | トップページ | アニメ日記(グレンラガン 第21話 あなたは生き残るべき人だ) »

2007/09/13

アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 23 罪智 -Wicked×Wisdom-)

物語も佳境。
ボロボロの状態で出撃するスサノヲ。
お偉いさん達の企みから外れたところで動く人たち。

盛り上がっていくでしょうか。

続きへ


ここに来て、昔話を挟みつつ。
シンゴは司令のお兄さんの遺伝情報から作られた子供であることが判明。
え?ってことは、搭乗者にはまともな人間はいないってことですか。
自然に生まれたわけではないシンゴが特別な存在で、さらにスサノヲが選ぶ・・・なんか釈然としません。

プラクティカルベース内部では、軍部vsベースの人たちの戦いが繰り広げられます。
って、隊長をはじめとする忍者が速攻鎮圧。
システムに仕掛けられたウィルスもうっちーが速攻解除。
うっちースゲーって誰に向かってブイ!?
なんつうか、イマイチ緊張感というか・・どうなっちゃうの?っていうどきどき感が薄かったです。
以前から書いてましたが、基本的に描写というか、物語の描き方が薄いんですよね、この作品。

そして、一応感動のシーンから、スサノヲ登場。
スサノヲを攻撃しようする日本軍の戦車をジュピターが攻撃。
アメリカからは、衛星軌道上から高熱のレーザーが撃たれ、スサノヲが焼かれてしまいました。
第2射に入るアメリカですが、それを阻止するジュピター・・・って初めから阻止してやれよ。

戦ってみろといいつつ、丸腰&手おいのスサノヲ相手に容赦ないジュピター。
そして、その攻撃で傷を負った頭部から見えた数字・・XIII。
OXIIは全部で12個。12体のギガンティックのハズ。あり得ない機体番号。
マナは知ってる様子ですが・・。

深手を負い、動けないスサノヲを名を呼ぶシンゴ。
マイナスを指す適合率。
暴れるナーブケーブル。
その中から現れたのは、これまで倒してきた相手のパーツをめちゃくちゃに纏ったスサノヲの姿でした。
かなりわけ分からないことになってますな。


さて、13番目のOXIIの正体とは、やはりマサヒトとかが入っているケージが関係あるのか?。
といった謎をはらみつつ、次回へ。

|

« ソニーの発表が熱い | トップページ | アニメ日記(グレンラガン 第21話 あなたは生き残るべき人だ) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16433364

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 23 罪智 -Wicked×Wisdom-):

« ソニーの発表が熱い | トップページ | アニメ日記(グレンラガン 第21話 あなたは生き残るべき人だ) »