« トランスフォーマー見てきた | トップページ | マジっすか。PSPでPS3の『Lair』がプレイ出来る?! »

2007/09/04

アニメ日記番外編(ARIA The OVA~ARIETTA~)

そんなわけで、スカパーにて先行放送されたARIAのOVA、ARIETTA。

いやぁ、良かったです。
なんつうか、ほんと、何で一本30分だけなんだよって思ってしまうくらい良かったです。
シリーズで出してくれないかなぁ。
※3期あるんですね、見ねば!

大筋としては、アカリの「なんで私を選んでくれたんだろう」という疑問を中心に、アカリがアリアカンパニーに来る前のが描かれます。
って簡単に書くとこうなのですが、そこはARIA。
良いお話を見せてくれます。

今回も、素敵な時間に出会えましたよ。

というわけで、ストーリー追いを続きに。
激しくネタバレなので、ご注意。
とはいえ、ネタバレは激しいですが、中身の「素敵」までは、私の文章では伝えられないでしょう^^;
スカパーで見られない方で、ARIA好きの人は、是非ともDVDで見ることをお勧めします。


夕日に包まれるARIAカンパニーで、一人、アリシアの帰りをまつアカリ。

そんなシーンから始まりました。

アリア社長のご飯を運ぶアカリの手には、あるはずの手袋が無い。
アイに、プリマになったからと言われ、さらには、アカリの後輩らしき人物が現れる。
アカリはプリマになった・・だから、もう、ここにはアリシアは帰ってこない・・・。
って、夢オチかっ

あああ、アリア社長水没w

今日もお客を乗せ、お仕事に出かけていくアリシア。
アリア社長と一緒にお片づけ&お掃除をしているアカリ。
そんな時、ふと「どうしてアリシアさんは、私を選んだんだろう」そんな疑問を口にする。
そんな疑問を遮って、アカツキから電話が・・。
アリシアの留守電メッセージを聴こうとしていたのに(w)、モミ子に邪魔された、そんな何でもない言葉にも、あんな夢を見た後では、自分はまだまだ、アリシアさんの代わりになれるようにならなきゃ、そんな想いが沸き上がっり、ちょっと切なそう。
そんな顔を見て、もみあげが見られたから良い、なんて、ちょっと慰めるアカツキでした。

そして、アカリはいつもの3人で練習練習。
恥ずかしい朝トークは禁止ですw
3人それぞれ手の届かぬ先輩方に途方に暮れる中、アルくん登場。
アルくんも見習いの身、4人で見習いトークです。
結論としては、それぞれに合ってる、今は頑張るしかない、というものに。
街に響く鐘の音と共に、カモメ(?)がアリカ達の上を通り過ぎていく。
ネオベネチアと鳥たちが応援しているみたい・・って恥ずかしいセリフは禁止ですw

お客にまで触られて、アリア社長のお腹受難w

3人でおやつのわらび餅を食べてる時、あの夢の話をするアカリ。
まだまだ頑張らなきゃダメなんだな、そんな話をするアカリに、自分の昔話をするアリシア。
自分がプリマになり、グランマがアリアカンパニーを去る時、わがままを言ってしまった。
それは、一人でやっていく自信がなく、グランマと別れるのが淋しいアリシアの初めてのわがまま。
行かないで、離れたくない、と。
それを聞いたグランマは、優しく微笑み、お別れは淋しいけど悲しいことではない、それに、私がアリシアの元を去るのではなく、アリシアがグランマの元から巣立っていくのだと告げる。
その言葉に励まされ、安心することが出来た。
でも、アキラ達が後輩を教える立場になる中、自分に後輩を教えることなんて出来るのか、そんな不安がよぎり、一人でやっていたアリシア。

それを見透かしたアキラは、アリシアをとある場所へと連れて行く。
それは、カンパニーレ。
そのネオベネチアを一望出来る塔に上り、そこで待つアテナと3人、夕暮れに色づく美しい街を眺める。
私たちウンディーネも、いつかは舟を下りるときが来る。
でも、この気持ちを受け継ぎ、その次のウンディーネが、新しいカンパニーレになる、私たちだって出来たてのカンパニーレ、初めからうまくなんて出来ない、無理することなんてない、と優しく声をかけるアキラ。
そしてアテナは、アリシアを励まそうと、カンツォーネを歌い、美しい歌声がカンパニーレに響き渡りました。
そんなアキラの言葉に、アテナの歌に、かつてのグランマと自分を重ね、次代へと想い紡ぐ事に希望を見つけるアリシア。
その時、アリシアの頬を涙が伝いました。

そして、アカリとの素敵な出会いが訪れる。
って、アカリ、何処で寝てるw

はにかむアカリ。
ずっと思っていた事、どうして選んでくれたのか・・・その疑問をついにアリシアに投げ掛ける。
その言葉に、アリシアもちょっと恥ずかしがりつつ・・。
ナイショ。
ふえぇぇえぇ。
素直に引き下がっちゃうアカリもアカリw
引き下がりつつも、新人が私で不安じゃなかったですか?と尋ねる。
逆こぎw

そんなアカリに、かつて自分がアキラ達にして貰ったように、カンパニーレに上ろうと提案するアリシア。
夜のベネチアを進むアカリのゴンドラ。
ベネチアの街の想いを纏いながら、二人はやがて、カンパニーレへと・・・。

普段は閉鎖されている入り口からカンパニーレを上る二人。
その最中、アカリがまた一つ、素敵を見つける。
カンパニーレの中で聞こえる不思議な音・・静かで、深くて、優しい音。
そして、カンパニーレの窓から見えるサン・マルコ広場。
そう、この街は、生きている、この音は、ネオベネチアの呼吸の音・・。
そんなネオベネチアの息吹に包まれながら、耳を澄ますアカリ。
そんなアカリに、そっと手を差し伸べ、手を繋ぎ、再び上を目指すアリシア。

私がアカリを向かえた時、不安だったのはアカリだからではなく、自分が良い先輩になれるか、それが心配だった。
でも、アカリは、まっすぐに着いてきてくれて、真っ白な心で私の気づかない素敵を沢山見つけてくれる・・・そんなアカリに、自信を貰った。
グランマに安心を貰い、アキラ達に勇気を貰い、アカリに自信を貰った。
素敵です。素敵すぎます。

そしてついに、最上階へとたどり着く。
アカリの目の下に広がる、沢山の灯りに彩られたネオベネチアの街。
優しいネオベネチアの風に吹かれ、アリアカンパニーの方向を見つめる二人。
アリシアに身を寄せ、今のこの幸せな時をかみしめるように、アカリはそっと目を閉じる。


いつかは、離ればなれになる日が来る。
でも今は、もう少し、この大切な、この大好きな人の後ろを、ついて行ってもいいですよね。

|

« トランスフォーマー見てきた | トップページ | マジっすか。PSPでPS3の『Lair』がプレイ出来る?! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

初めまして、AOIといいます、私のホームページではコメントありがとうございました。
さっそくARIAのレビューを見せてもらいました。

すごく素敵に書かれてますね、私じゃこうは書けない(苦笑)
私の場合は文才がないというのもありますが(苦笑)ARIAの感想になるとうまく書けずARIAの世界を壊してしまったり観てない人に変に先入観を持たせてしまうのも・・・っという理由で細かくは書いてませんでした。
・・・すいません、うまく書けないから逃げてるだけです(苦笑)

っと長くなってしまいました・・・。レビューよかったです(^^)共感できるところばかりでした。またちょくちょくお邪魔させてもらいますね、それでは(^^)

投稿: AOI | 2007/09/05 00:56

AOIさん、コメントありがとうございます。

レビューを読んで下さって、ありがとうございました。
普段から、無駄に長いレビューを書いてしまうのですが、今回は、特に気合い入りました。
なんというか、短く伝えられるような腕がないもので^^;
ホントは、もっと小説のように情景まで描ければ・・とか思うのですが、私には無理です。

でも、共感して頂けたようなので、とても嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: tai | 2007/09/05 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16340479

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記番外編(ARIA The OVA~ARIETTA~):

« トランスフォーマー見てきた | トップページ | マジっすか。PSPでPS3の『Lair』がプレイ出来る?! »