« アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 第25話 嫩葉 -Ye×Youthful-) | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第23話 四人) »

2007/10/07

アニメ日記(グレンラガン 第23話 行くぞ最後の戦いだ)

予想通り、最後の題字はシモンです。

もう、たまらんです。
面白いです。
今回も熱いです。

続きへ。


いきなり主要メンバーに加わるヴィラルを快く向かえてくれるグレン団の皆さん。
良いヤツラだ。

おかま姉さんの話は誰も聞いてませんってか、理解出来ませんw
わかりやすく言えば気合いですw

アンチスパイラルも元々は、螺旋遺伝子を持つ種族、その中の螺旋力そのものに危機感をもった一派(?)がアンチスパイラルになった、と。
更に、時空がずれたところに本拠地があるため、それを見つけることが出来ず、螺旋側は負けちゃったそうです。
わかりやすく言うと、恋と気合いですw

自分の心を整理するためか、かつての村に戻るロシウ。
そこで、司祭に出会い一時の邂逅を果たす。
司祭はロシウの中に何かを見たのか、お前は良くやった、誰にでも出来ることではないと言葉をかける。
ロシウの苦悩。
地上に行けばみんなで暮らせる未来が来ると思っていた、でも実際には常に誰かを犠牲にする未来。
それを打破できなかった自分。
全ての責任を負い、自ら命を絶とうとするロシウ。

その時、シモンとキノの想いが、螺旋エンジンからパワーを引き出し、空間転移を実現、ロシウの元にたどり着く。
キノの想いがロシウと一瞬躊躇させ、シモンは気合い一発ぶん殴る。
かつて、自分がくじけたときにかけがえのない人にして貰ったこと。
それを、今自らの未来を閉じようとする仲間へ、自分の、仲間の想いを込めぶつける。

人は誰でも間違いを犯す、でも、自分で自分を罰する必要なんてない、誰かにぶん殴られじたばたすればいい。
俺には出来ないことをした、それでいいじゃないか、そして、これからもお前が必要だ。
手を差し伸べるシモン。
涙を溢れさせ駆け寄るキノ。
キノと共にコックピットに収まり、人一人の重さを実感しつつ、自分のふるさとを後にしました。
やべええぇ、泣きそうでした。
何度泣かされかけたことか。やっぱいいですな、グレンラガン。

場面は変わり、ついにアンチスパイラルの母星を見つけたロージェノムからの情報がもたらされる。
その形は何故か指輪。
この宇宙では、量子論を正しいとするなら、認識して初めてその状態が決定される。
いわゆる、シュレディンガーの猫ですね。
箱の中に猫を入れた場合、外からは中の状態が分からない。ということは、もしかしたら死んでるかも知れないし、寝てるかもしれないし起きてるかも知れない、極端にはいないかもしれない、箱の中を見られて初めて状態が確定するってやつです。
つまり、アンチスパイラルは次元の狭間に「箱(空間)」を作り、その中に本拠地を置き、「状態」を諭されないようにした・・ってところかな?
じゃぁ、なんで今回見つけられたのかは謎ですがw

ロシウが地球を守り、シモン達が本拠地をたたきに行く。
気合いと愛です!

虚数空間に隠されていた月を引き出し、カテドラルテラがいなくなることでの地球への影響の心配もなくなる。
って、おおぉ!?
ヨーコさん、その格好はw(みんな衣装チェンジだけど。そしてこの衣装が1話冒頭の、ですね)
ココじいいいい!
冒頭でアイロンかけてたのは、ダイグレン団の旗か!

カミナの想いを背にし、ダイグレン団の旗を掲げ、ヨーコさんの胸が気になりつつ、超銀河ダイグレンの発進です!!

|

« アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 第25話 嫩葉 -Ye×Youthful-) | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第23話 四人) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16682457

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(グレンラガン 第23話 行くぞ最後の戦いだ):

« アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 第25話 嫩葉 -Ye×Youthful-) | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第23話 四人) »