« アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 26 終極-zenithal×Zygote-) | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第24話 エリュシオン) »

2007/10/10

アニメ日記(グレンラガン 第24話 忘れるものかこの一分一秒を)

さぁ、今回も熱いですよ!
しかし・・悲しい出来事も。

続きへ。


あ、母星を発見できたのはあの指輪が索敵に引っかかったんですか。
にしても、そのまま指輪の形というのは・・逆に分からなかったですよ。

ニアとシモンの想いが時空超えて二人を繋ぎ、超銀河ダイグレンはアンチスパイラルの母星へと転移を開始する。

宇宙にでっかい裸のニアw
大事なところは隠されてますが。

何かに繋がれ、体を解析されるニア。
しかし、今更解析することを疑問に思うロージェノムヘッド。

そして今度こそ、ニアの間近へワープしようとするが、立体映像のニアが干渉し近づくことが出来ない。

アンチスパイラルの声が聞こえ、宇宙を引き裂き、巨大な顔の彫刻が現れる。
そしていよいよアークグレンラガンを初めとするグラパール隊、ガンメン隊が発進。
敵も艦載機を繰り出す。
その数、無量大数!
宇宙一面敵敵敵。
ガイナックスお得意ですな。

みんなが突破口を開き、ギガドリルを敵の防御障壁に突き立てるアークグレンラガン。
幾度と無く敵を貫いてきたドリルも、流石に今回の敵には通じず、弾かれてしまう。

もっとでっかいドリルがいる。
そんなものどこに・・・って、うっぉお、分かりきった展開ですが、超銀河ダイグレン変形ですよ!。

アークグレンラガンが変形の為に戦線を離れるも、善戦するキタンたち。

動き出す巨大な彫像。
変形するために必要な時間を稼ぐため、後退する超銀河ダイグレン。
しかし、あまりにもうまくいきすぎてる、艦載機は弱く、目立った損害も出ない。
嫌な予感のするシモンとヨーコ。

その予感は的中し、突如として強力になる敵。
そして敵戦艦から放たれる巨大なミサイル。
迎撃ミサイルとヨーコ達の活躍でなんとか凌ぎきりますが、ガンメン隊にも被害が・・倒れていく仲間。

ワープを使い、次々とダイグレンの間近へと現れる超巨大なミサイル。
あまりに接近して迎撃したため、吹き飛ばされ大破してしまうダリィのグラパール。
かわすことも出来ず、迎撃に頼るしかないダイグレン。
ついには、マッケンが捨て身の特攻まで・・。
動けないダリィを助けるために向かったギミィ。
しかし、グラパールを抱えたままでは逃げ切る事は難しく、ダメージを追っていく。
そこへ現れるバリンボー達。
ギミィ達を抱え、ダイグレンへと近づく。
しかし敵の攻撃は激しく、ギミィ達をダイグレンに向かって投げ飛ばし、自分たちはその盾となり、無数の敵を巻き込み、散っていく。

傷つき、散っていった仲間達の想いを胸に刻み、ついにダイグレンの螺旋エネルギーが臨界点を突破する。
ついに変形・・しかし、突如としてダイグレンを襲う衝撃。
レーダーに映らない壁へと引き寄せられるダイグレン。
壁にぶつかった瞬間、信じられない光景が広がる。
そこにあったのは、海。
螺旋エネルギーも吸い取られるように無くなり、宇宙空間に広がる海に沈むダイグレン。

続く・・。


あぁぁ、ダイグレン団からのメンバーが・・・。
良い味出してたバリンボー達までもが・・涙。
そんな犠牲を出しても、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうダイグレン。
でも次回は逆転だ!

|

« アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 26 終極-zenithal×Zygote-) | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第24話 エリュシオン) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16716962

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(グレンラガン 第24話 忘れるものかこの一分一秒を):

« アニメ日記(ギガンティックフォーミュラ 26 終極-zenithal×Zygote-) | トップページ | アニメ日記(ヒロイックエイジ 第24話 エリュシオン) »