« アニメ日記(グレンラガン 第25話 お前の遺志は受け取った!) | トップページ | アニメ日記(ゼロの使い魔-双月の騎士- 第12話 さよならの結婚式) »

2007/10/10

アニメ日記(ヒロイックエイジ 第25話 最後の契約)

ラスト前。

物語に決着がつき、黄金の種族の目的が明かされ、ノドスの本当の役割も・・。

そんな話数。

続きへ


エイジが復活し、ロム・ローへ攻撃を仕掛ける。
テレポートでその攻撃をかわすロム・ローですが、間髪入れず同じくテレポートした に至近距離で集中砲火を浴びせられ傷を負う。
やりました、ついに一矢報いることができましたよ。

傷を負わされながらも、不適な笑みを浮かべるロム・ロー。

惑星の外では、狂乱に陥ったユティからの凄まじい攻撃により、黄金の種族の守りがついに破られる。
どうやらロム・ローは、死に場所を探していた様子。
自分を憎ませ、自分を標的にすることで、黄金の種族の足跡と自分を消し去る企みのようです。
この辺り、パエトー・オーも流石に同調は出来ないでしょうか。

狂乱したユティのパワーの前に、優位に立てないエイジ。
残るカルキノス達は、これまでは、5人が戦えば狂乱が起こり全てが滅ぶとして、複数での戦いを極力避けてきた。
しかし、その身に宿る英雄の種族達が、この争いを止めたがっている、もっと英雄の種族を信じてやるべきだった。
そんな想いを胸に、ユティを助けるためエイジと共に戦う。

その時、エリュシオンに不思議な鼓動の芽生えを感じるディアネイラ。

その身を滅ぼしながら、強大な力を振るうユティの前に、メヒタカが狂乱してしまったかと思われた時、エリュシオンを取り囲んでいたヘドロンの盾が結集し、その力を中和する。

更に崩壊の進むユティの肉体。
その破片一つ一つは、滅びの力を持ち、エイジ達を苦しめる。
エリュシオンに芽生えた鼓動、それは、5人のノドスの力を投影するもの。
しかし、レクティは疑問を感じる。
ユティの、ケルビウスの力が虚無なら、何故その力を投影したこの星は崩壊しないのか。
もし、これまで思ってきたそれぞれのノドスの力が、違ったなら・・。
そんな可能性を見出すレクティ。

体中から虚無の力を溢れさせ、ついにメヒタカの盾を突き破るユティ。
エリュシオンの全てが滅ぶ、ロム・ローも、アルゴノートも、ディアネイラも・・・。
しかし、それは、可能性であり、集めるべき過去の一つに過ぎない。
時空を超えてレクティが、エルマントスが飛ぶ。
全ての過去を集め、正しさも過ちも全てを未来へ受け渡す。
それが、レクティとエルマントスの本当の役割。
黄金の種族の力をベルクロスへ受け継がせるため、星もエイジとベルクロスへと全てを託す。
ベルクロスは鍵、そして、ベルクロスが鍵であるならば、ケルビウスは扉。
そんな可能性を信じ、見守るレクティ。

今度こそ本当にメヒタカの盾を突き破るユティの攻撃。
ユティがメヒタカの盾に降り立ったとき、その波動はユティに呼応するように漆黒に染まり、エリュシオンへと牙をむく。
全てを包み込む、暗黒の扉。
それをこじ開け貫く、黄金に輝く鍵、ベルクロス。
全てが終わったとき、そこへ現れたのはかつて、黄金の種族が旅立った別の宇宙への扉。

カルキノスの手の中で、蘇るユティ。

ベルクロスのコアだけが地表に降りる。そこにエイジの姿はなく、コアが光りに包まれ新たな宇宙への扉へと吸い込まれていく。


ん?ちょっとまて。
この宇宙で仲良くやっていけ、じゃないの?
自分らが旅立った宇宙へ飛翔させることが目的?
うーん、個人的にはちょっと・・。
直ぐに旅立てるようなレベルに達してはいないでしょうから、先の話しだとしても、この宇宙はどうなる。

まぁ、とりあえず、ユティは良かったですね。
カルキノスに再びあうことが出来て、その胸に飛び込む事も出来たし。
そしてエイジはどうなってしまったのでしょうか。
最終話のタイトルが「エイジ」なので、復活してくれると思いたいです。

|

« アニメ日記(グレンラガン 第25話 お前の遺志は受け取った!) | トップページ | アニメ日記(ゼロの使い魔-双月の騎士- 第12話 さよならの結婚式) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16718099

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(ヒロイックエイジ 第25話 最後の契約):

» レビュー・評価:ヒロイック・エイジ/第25話「最後の契約」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 39 / 萌え評価 26 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 43 / お色気評価 8 / 総合評価 23レビュー数 23 件 狂乱したケルビウスと戦うベルクロス。ロム・ローと対峙し、攻撃するイオラオス。各々がそれぞれの場所で戦い傷ついてゆく。ケルビウスの攻撃は増し、狂乱が進行、自らを崩壊へと導いてゆく。そして、アルテミアの姿もまた徐々に変化を見せ出す。そのアルテミアにエリュシオンの周囲で浮かぶ無数の球体が引き寄せられるかのように集まり出し... [続きを読む]

受信: 2007/10/13 17:14

« アニメ日記(グレンラガン 第25話 お前の遺志は受け取った!) | トップページ | アニメ日記(ゼロの使い魔-双月の騎士- 第12話 さよならの結婚式) »