« モンハン3、wiiへ | トップページ | アニメ日記(逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第2話 小さなサムライ) »

2007/10/12

アニメ日記(グレンラガン 第26話 行くぜダチ公)

もう最高。

そんな26話。

ネタバレ続きへ。


浮上した超銀河グレンラガンに対し、攻撃を仕掛ける敵戦艦。
腕がキモイよ。
そのキモイ腕で、まるで小惑星をぶん投げるような攻撃をしてくるも、そんなものではビクともしないグレンラガン。
逆にブーメランの一撃で戦艦を真っ二つ!

しかし次ぎに放たれたミサイルの攻撃を食らってしまうグレンラガン。
螺旋フィールドがあり、モニター上でも防いでいるハズが、確率を変動させるという、まるで神のごとき力の前にその防御も無効化されてしまう。

人が進化を求める故に、その成長が全ての銀河を巻き込み、宇宙そのものを滅ぼす。
アンチスパイラルの言葉を、直感的に真実だと理解するシモン。
自らの行いが、存在そのものが宇宙を滅ぼす・・狼狽するシモンに、もう一つ真実がある、それはニアがお前を待っていること、地球が耐えていることだと告げるロージェノム。
その言葉に自分を取り戻すシモン。
うぉ、ここにきてロージェノム、格好いいぞ。

女も宇宙も守る、まだ見ぬ明日に怯えて今を後悔したくない、それが俺たちダイグレン団だ!
いいねぇ、熱いねぇ、格好いいぞ。

しかしまだまだピンチは続く。
ランダムシュレディンガーワープで迫る敵。
えぇっと・・・シュレディンガーのネコのように、グレンラガンからは姿を隠して、時空の中をうろうろして攻撃をしてくるってことですか?
時空の中で己の存在確率をあやふやにするってところか?

それに対し、なんていったかよく分かりませんが、いっぱい発射台登場で、確率変動しまくる敵をトレース、全砲門一斉発射で敵を捕らえました。

まるで銀河が生まれるほどのエネルギーが発生する、超銀河グレンラガンの心臓部。
超銀河グレンラガンの放つドリルブレイカーで残る戦艦を粉砕。
ニアの立体映像も消え、いよいよ本当にニアの元へとワープしようとしたその時、アンチスパイラルの不可思議な力に捕らえられてしまうグレンラガン。
ここまでは、過去の螺旋の戦士もこれた、ということか?
でも、この次の攻撃で終わっていった、のかな。

何かの力に取り込まれたシモン達は、過去の風景を目にする。
でも、なんか違う。
獣人の目を盗み、盗人として暮らすカミナ達。
賞金稼ぎとして暮らすヨーコ。
多元宇宙に捕らわれ、あり得ない暮らしを認識させられ、逃げ出すことの出来ないダイグレン団の面々。
知能を持たないブータは対象にならないが、何故か知能があるのにロージェノムも、その呪縛を逃れる。
そして現れる、まるで影の様な姿をしたアンチスパイラル。
かつて敗れた相手と対峙するロージェノム。
アンチスパイラルの指先からビームが放たれようとしたとき、ロージェノムは疑問をぶつける。

何故、こんな回りくどいことをする、本気になれば螺旋族を滅ぼすなどたやすいハズ。
そんな問いに、不思議な螺旋力を解析するためと言い放ち、ビームを発射するアンチスパイラル。
それを救ったのはブータでした。
そしてそのまま螺旋の力に包まれ、何かに姿を変えるブータ。
なんと、人型に進化しちゃいました!
アンチスパイラルが解析しようとしていたのは、このブータだったようです。
カミナが出てくる・・とか一瞬思ったのは私だけ?
結果的には、後半で出てきて良い役目を果たしてくれましたけどね。
しかしその進化が仇となり、ロージェノム共々多元宇宙に捕らわれてしまう。

獣人にヘコヘコするカミナ。
それを見て納得のいかない顔をするシモン。
そのシモンの前(後ろ)に現れる、いつものカミナ。
多元宇宙の中のヘタレたカミナをぶん殴り、ドリルを再び手にするシモン。
失った仲間達の遺志が、想いがシモンを閉じられた多元宇宙から解放する。
カミナを見上げるのではなく、カミナを超え、男になったシモン。
今度こそあばよだ、そういうカミナに、あばよじゃねぇ、一緒だろ、そう言って自分の胸に親指を立てるシモン。

行くぜ、ダチ公。

その言葉と共に、仲間達全てがドリルを胸に集結する。
感動です・・またもや目頭が熱く・・・そして、ヨーコの元にも、カミナは現れました。欲を言えば、ヨーコとカミナの絡みをもう少し見たかったですね。

ニアの元へと戻るアンチスパイラル。
シモンを信じるニアですが、アンチスパイラルによって、その体を消されていく。
その時、ニアとシモンを繋ぐ指輪が光を灯す。

次第に輝きは強く、その明滅は速くなっていく。
仲間の想いが、シモンの想いが指輪と通して体現し、現れるグレンラガン。

待たせたな、ニア。

続く。


カミナ、最高。
はやり、最後にシモンの背中を押すのはカミナですよ!
そして、アニキ、ではなく、ダチ公となったカミナとシモンが共に行く。
マジ熱いです。
グレンラガンが現れるのが指輪、というのも良いですね。アンチスパイラルはタダの飾り、というか目にも入っていなかったであろう指輪が、最後のキーになったわけです。
さぁ、次回は最終回。
どんな感動を貰えるでしょうか。

|

« モンハン3、wiiへ | トップページ | アニメ日記(逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第2話 小さなサムライ) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16736825

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(グレンラガン 第26話 行くぜダチ公):

» 無料 ゲーム 体験 試供 [ネット無料体験で暮し生活の向上研究!]
また来ます!無料 ゲーム 体験 試供。 [続きを読む]

受信: 2007/10/12 13:27

« モンハン3、wiiへ | トップページ | アニメ日記(逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第2話 小さなサムライ) »