« PS関係の記事を2つほど | トップページ | アニメ日記(ハヤテのごとく! 第28話 見合) »

2007/11/05

アニメ日記(ガンダム00 #05 限界離脱領域)

今回は紛争介入ではなく、色んなイレギュラーが重なって、思いがけない方向へ・・。

ストーリーを追いつつ感想。

いつものようにネタバレ続きへ。


エネルギー供給を取り付けるために、諸国漫遊へと出るマリナからスタートしました。

人革連にて、研修旅行とやらに行くサジくん。
一応彼女っぽいルイスに、「手を出すような甲斐性はないです」とか言われちゃうサジってw
そのうらでは、あの強化人間(さらには、遺伝子操作も?)とも思えるパイロットと行動を共にするセルゲイの姿も。
明るい日常と、戦争が直ぐそばで展開されていくわけです。

そのセルゲイは、超人機関のことを快く思っていない様子。
軍人とはいえ、非人道的な手法は良しとしてない人なんですね。

そして、人革連の新型モビルスーツが姿を現しました。
タオツー(2?)。強化人間の反応スピードに合わせた調整が行われている模様。

いきなり二日後。

人革連のモビルスーツを監視するため、アレルヤが向かう。
そのアレルヤと、実験を行っている強化人間(名前忘れた)の間で何かの影響が出て、頭痛を訴える両者。
アレルヤ達も強化人間?それとも、それに近しい所まで鍛え上げた人間との同調でしょうか。
その頭痛のせいで、修羅場をくぐり精神的にも鍛えられているアレルヤは、ブチ切れ相手を威嚇しますが、強化人間の方は作られたとはいえ、所詮子供、恐怖のあまり我を忘れ模擬弾をコロニーに向けてぶっ放してしまいます。
そしてその結果、模擬弾とはいえコロニーにダメージを与え、サジ達がいる重力ブロックの一部が分断、流されてしまう。
明るい日常と、戦争がリンクしました。
ん?アレルヤは、二重人格か。

それを救うため、単独で救出へ向かうセルゲイ。
ブロックを押して速度を上げ、地球の重力に捕まるのを防ごうとするのですが、単機で可能とはとても思えません。
くわえて、ブロック内の一民間人が、計算して後5分で地球にぶつかる、とか言ってました。凄いなこの人w

限界離脱領域まで170秒を切り、絶体絶命となったところで、アレルヤ登場。
残り1秒となったところで、ギリギリ間に合い、地球落下を防ぐ。
しかし、現状維持が精一杯。
ソレスタルビーイングが人命救助?。
呆れるスメラギ、といわえ始めてしまった行動を止めるわけにもいかず・・。
地上から放たれる閃光。
って、高度一万メートル近いとこへの超長距離射撃っすか。
狙いもそうだけど、そこまでの出力ってのが凄い。

刹那が雲を切り裂き、ロックオンが放ち、無事に救助終了です。
しかし、このせいで、大幅なプラン変更が必要になるというリスクも背負ってしまうわけですが。


さて、最後の言葉は?教えない、なんて微妙なラブコメもあったりしましたが、ソレスタルビーイングが人命救助をした、というニュースは世界に発信されるのでしょうか?
仮に発信されたとしたら、一般市民は困惑の中、指示に回るのかな。
次回は新装備。
今回ガンダムの隠された力が示されてしまったわけで、ある程度の出し惜しみは出来なくなった、といったところでしょうかね?
次回も楽しみです。

|

« PS関係の記事を2つほど | トップページ | アニメ日記(ハヤテのごとく! 第28話 見合) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/16982322

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(ガンダム00 #05 限界離脱領域):

« PS関係の記事を2つほど | トップページ | アニメ日記(ハヤテのごとく! 第28話 見合) »