« アニメ日記(逮捕しちゃうぞ 第11話 世界で一番大事な君へ) | トップページ | GT5Pその4 »

2007/12/17

アニメ日記(ガンダム00 #11 アレルヤ)

モビルスーツの性能差がry・・・
どこかで聞いたようなセリフ。

時間が飛んだ辺りから、ちょっとおかしな方向へ進みつつある00ですが、このまま突き進むのかな・・。
心配です。

とりあえず11話、続きへ


お、ティエリア、スメラギへ責任転嫁ですか。
前回、泣いてたくせに。

セルゲイは、作戦失敗の責任を取らされるかと思いきや、おとがめ無し。
そして、人革連はユニオンとの連携を模索する。

人革連の超人機関の技術者は、アレルヤの存在にうっすらと気づきますが・・もみ消すつもりか?
最後には更迭されますけど、今回の件があったからやっと研究所を閉鎖、というのは・・。
セルゲイも苦々しいでしょうね。

うちなる人格とやりあうアレルヤ。
そして、自分の闇の部分でもある、超兵機関への介入作戦を進言する。

アザディスタンの侍女はホント、切れますね。
国連の大使に対しても一歩も引かないどころか、ちょっと失礼だろそれ、ってくらいの発言と態度。
素敵です。

そして場面は、ルイスファミリーへ。
料理はサジが作りましたw
そのサジのお姉さんは、ユニオンのエージェントの動きからイオリアへと繋がるヒントを得る。

そして今回の武力介入は、紛争と超兵機関の2カ所。
って、ティエリア・・なんだあの部屋。
それにスメラギとアレルヤのやり取りを見れるというのも・・。
あの目といい、何者でしょうか。

紛争の方は軽く片付き、問題はアレルヤ達。
人革連の超兵機関があるコロニーへと向かう。
コロニー内へと入ったアレルヤの頭に直接響く、同胞達の悲痛な叫び。
その声が、引き金を引くのを躊躇わせる。
ハレルヤとの、己の闇との対話。
殺したくない、撃ちたくない。
自分のやりたくないことはハレルヤに押しつけ、自分は悪くないと逃げるのか。
己の闇を振り払うように、ついに引き金を引き、過去を葬るアレルヤ。
しかし、ハレルヤが消えるわけではなく・・そのハレルヤの瞳からは涙が溢れる。

二十歳になるアレルヤ。
一時とはいえ、人生の不条理を忘れるため、スメラギと酒を酌み交わす。


冒頭でも書きましたが、時間を飛ばしたりして、何故にじっくりと戦争というものを描かないのか・・とか思っていたのですが(まぁ、前回のキャストオフには笑いましたが)、今回も個人にのみスポットを当てたものでした。
超兵機関も、もうちょっと掘り下げても良いと思うんですけどね・・最近万能細胞が比較的簡単に作られるようになったりしましたし、結構大きな問題かと。
さて、後40回ほどもある00、どうなるのでしょうか。

|

« アニメ日記(逮捕しちゃうぞ 第11話 世界で一番大事な君へ) | トップページ | GT5Pその4 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/17394132

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(ガンダム00 #11 アレルヤ):

« アニメ日記(逮捕しちゃうぞ 第11話 世界で一番大事な君へ) | トップページ | GT5Pその4 »