« PS関係ちょっとまとめて | トップページ | パソコンぶっ壊れたorz »

2007/12/23

アニメ日記(ガンダム00 #12 教義の果てに)

アザディスタンがメインの話数。
そのアザディスタンの保守派の方々は、国連に助けを求めた王女達が気に入らないようです。

続きへ


その保守派の前に現れる賊。
保守派のリーダーが拉致られてしまいました。

石油を主に輸出してた中東が云々と言ってましたが、化石燃料が枯渇して、太陽光エネルギーを使ってるんじゃなかったっけ?

国連を招き入れた事で、それを良しとしない古くからの教義を守る人々が暴動を起こし、最悪の場合、内戦に発展する可能性を示唆するシーリン。
もうこの人が王女でいい気がしてきます。

アザディスタンに入っていた国連大使件ソレスタルビーイングのお偉いさんは、アザディスタンに残って事の成り行きを見守るそうです。

お、ルイスが機転を利かせ、お母さんにサジを気に入らせることに成功って・・主人の面影・・え、奥さんが狙い始めましたかw
旦那は生きてますが。
後半でも、お母さんがサジにベッタリでTVを見てたりw
ルイス、可哀想だな。

保守派が議会をボイコット、改革派はナイショでユニオンへの軍事支援を取り付けていたようです。
王女はユニオンに利益なんて無いと言いますが、ユニオン的にはガンダムと遭遇するためにこの争いを利用するようです。

国の状況を知るため、可能であれば保守派指導者を発見するため、刹那が動き出す。
クルジス人は煙たがれるようです。アザディスタンに滅ぼされたのに?

そして始まる戦い。
保守派vs改革派、そこにユニオンとガンダムが絡み、複雑な状況になっていきます。
ユニオンの方々は、一応ミサイルを放ったサーシェスも追いますが、グラハムはガンダムを狙ってくる。
グラハムスペシャル、グラハム・エーカーである!w
一般兵では扱えないほどにチューンしたフラッグで、ロックオンを追いつめるグラハム。
追いつめられたロックオンは、GN粒子散布に使うエネルギーも火器へ集中、決着か・・と思いきや、アザディスタンで動きが。
保守派がモビルスーツを出し、王女&国連大使を狙い、クーデター&内戦へ一直線。
クーデターを起こしたモビルスーツは、ガンダムが駆逐していきますが、次なる目的地に着いた刹那が見た物は、かつて自分が戦った戦場。
そこで繰り替えられる惨劇。
感情をむき出しにして、敵を切り裂く刹那。

クーデター自体は、ユニオンの介入もあり沈静化に向かいますが、マリナは自分の判断が国に争いを呼んでしまったと涙を流す。
そんな時でも、毅然としなさいと、シーリンは厳しいお言葉。

ラストの刹那の「ガンダムになれない」というセリフは、個人的な感情で戦ってしまったことへ対してでしょうか。
ティエリアは、人へ八つ当たりすることでなんとか乗り切りましたが、刹那はどんな風に立ち直るのでしょうかね。
鍵を握るのはサーシェスか。

次回は年明け。
昔から、年末年始の特別番組というのは好きになれないです。

|

« PS関係ちょっとまとめて | トップページ | パソコンぶっ壊れたorz »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/17449972

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ日記(ガンダム00 #12 教義の果てに):

» 「アザディスタン」についての最新ブログのリンク集 [話題のキーワードでブログサーチ!]
アザディスタン に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… [続きを読む]

受信: 2007/12/23 03:47

« PS関係ちょっとまとめて | トップページ | パソコンぶっ壊れたorz »