« 意外に人気? | トップページ | wmv、オヌシやるな »

2008/08/18

スカイ・クロラ

見ました。

第一印象は、押井監督は相変わらず評価の分かれる映画を作るな〜と言ったところ。

とわいえ、イノセンスなどに比べれば普通かと。

私はそれなりに押井作品には慣れているつもりなので、映像、台詞、動き、その他全てに意味があると勘繰りながら見るわけですが、そこまで難解な作りではないです。(でも、下に書く理由から、ある程度勘繰る必要はありますが)

ストーリー的には、序盤から淡々と描かれる日常が、物語終盤に明かされる世界の在り方によって、一気に意味を与えられ重みをもってきます。
それを心地良いと感じられるかで作品の評価が変わると思います。

映像的はイノセンスのような鮮烈な印象ではありませんが、ナチュラルで確かな存在感の作画は、アニメにおけるCG表現の一つの到達点、と言ってもいいのではないでしょうか。

万人にオススメできはしないかと思いますが、私としてはもう一度見たいと思える映画でした。

あ、そうそう、エンドロールで決して席を立ってはいけませんよ。絶対に。

|

« 意外に人気? | トップページ | wmv、オヌシやるな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/42203330

この記事へのトラックバック一覧です: スカイ・クロラ:

« 意外に人気? | トップページ | wmv、オヌシやるな »