« バイオ5の体験版 | トップページ | リアルが気持ち悪い? »

2009/02/10

今年のデジカメは熱い

今年発売されているデジカメが、私的に、かなりキテます。

リンク: 「はい、ポーズ」はもういらない?:世界初、カードサイズの超高速連写デジカメ――カシオ計算機 - ITmedia +D LifeStyle.

まずは、一番最近発表されたこれ。

カシオといえば、超高速連写モデルが注目ですが、今までは「F1」や「FH20」といった、大振りなサイズのものだけでした。

それがここにきて、カード型のいわゆるコンパクトデジカメの部類が登場。やはり一般的には、こっちの形の方がうけるわけで。

そして、「スローモーションビュー」や「タイムラグ補正」、「いち押しショット」といった、他のカメラではちょっと実現できそうもない高速連写を活かした、楽しそうな機能満載。

絶対的な性能では「F1」には及ばないものの、一般的なシチュエーションで、楽しい写真を撮るという用途では、こちらの方が圧倒的に有利。

画質的には今私が使っているCANONの「S5 IS」の方が上だと思いますが、サブカメラとして、かなり欲しくなるカメラですね。

お次はこれ。

リンク: オリンパス、「背景ぼかし」機能搭載の光学26倍ズーム「CAMEDIA SP-590UZ」 - ITmedia +D LifeStyle.

オリンパスは、いつも凄まじい高倍率で驚かせてくれますが、ついに、26~676ミリ(デジタルズーム併用で130倍!)というところまで来ました。

いやぁ、凄いですね。公式ページにサンプルがありますが、かなりきてます。

そして、倍率だけではなく、「背景ぼかし」なんて面白い機能も付いてます。

まぁ、デジタル処理をかけて任意のフレームの外をぼかすだけなのですが、無理矢理ズームして、、とかしなくても、デジ一のような写真が撮れると。

普通のデジカメで撮っても、レタッチソフトを使えば実現できますが、カメラだけでお手軽に出来るのは良いですね。

ただ、オリンパスは、ちょっともっさり・・というイメージがあるのですが、どうなのでしょうか?

そして最後は・・リンク: ニコン、24倍ズームとチルト式液晶の「COOLPIX P90」.

こちら、Nikonの高倍率機です。上の二つと比べると地味ですが、個人的には、チルトの液晶が良いですね。

無くても大丈夫っちゃ~大丈夫なのですが、子供を撮るのにはあると何かと便利な可動式液晶。

そんな可動式液晶が付いて、オリンパスにはわずかに及びませんが、24倍という高倍率を装備。これもなかなか良い感じ。

画質的には少し前からこなれてきて、劇的な向上というのは望めなくなり、その他の付加価値をどう高めるか、という段階を突き進んでいるデジカメですが、今年は初めからかなり面白いカメラが出てきて、今後が楽しみですね。

って・・・私は買えるわけではないのですが・・・orz

|

« バイオ5の体験版 | トップページ | リアルが気持ち悪い? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/44016625

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のデジカメは熱い:

» やっと手に入れた!! デジタル一眼レフ [信州に移住した人生-長野県感動ガイド-]
ついに手元に届きましたデジタル一眼レフカメラここ2年ほどずっと憧れの品でしたのでとても嬉しいです。特に昨年あたりからは価格もグンと下がり、記憶媒体もSDカードのモデルが主流になったり、ライブビュー(コンパクトデジカメで言うところのバックモニター画像)機能が加わったりと、価格面でも機能面でも2年前と比べるとかなり変わりましたね。ここのところ3年連続で、1月か2月にデジカメ買ってますのでそろそろ終わり�... [続きを読む]

受信: 2009/02/11 07:41

« バイオ5の体験版 | トップページ | リアルが気持ち悪い? »