« CLAMPニコニコ降臨って、ちょw | トップページ | ワットチェッカー »

2009/06/16

ラミエルかっこよす

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のBDを見ました。

発売からしばらく経っているので、いつものことながら、詳しいレビューはしませんが^^;。

さて、過去の劇場版は見ていない私が、このBD版を買ってみようと思ったのは、

リンク: 発売迫るBlu-ray版「ヱヴァ」に採用された高画質技術とは? -AV Watch.

ここで紹介された、SBMVという高画質化技術の効果を実際に見てみたかったから、というのが大きかったりします。

で、特にその辺に注意してみていたのですが、ほんと凄いですね。

アニメのBDはそれほど持っていないですが、BDになってもグラデーションの不自然さ(いわゆるマッハバンド)は消えないのか、とちょっとガッカリすることもありました。しかし、このエヴァ序1.11は、皆無とは言いませんが、確かに殆どマッハバンドがない。

なんというか、高画質なjpg画像を見ているようで、それが普通に動いている事に軽い衝撃を受けました。

この技術は、今後のBD作成において、ディファクトスタンダードになるんじゃないかと思うほどにインパクトがありました。

さて、画質の話はここまでにして、内容ですが、そもそも劇場に足を運んでいませんし、前情報もほぼ0なので、考察もなにもあったものじゃなかったりしますw

で・・第4使徒?もうこれだけで、物語が覆りそうな変更なんじゃ・・。だって、この前に3体の使徒がいるわけで・・。うーーーん。

後は、リリスがグッサリといかれてるセントラルドグマへ、ミサトとシンジが普通に来ているあたりもビックリ。

この前後って、結構物語的にも大きな流れだったわけですしね。

あ、そうそう、赤木博士の格好・・普通の服なのねw

そして、この記事のタイトルにもしているラミエルへのこだわりというか、気合いの入り方が尋常じゃないw

質感もさることながら、なんですかあの変形っぷりは。

テレビ版で、すでにほぼパーペキだったラミエルが、さらに凶悪に格好良くなっている。だからこそ、それを倒したときにも盛り上がるのでしょうね。

でも、陽電子砲とラミエルの攻撃が交差するのは、残して欲しかったな~。あれ、個人的にかなり好きなので。

そしてそして、一番ビックリなのが、カヲルくんの出番の早さ。こんな早く出てきちゃって、あとの使徒はどうするつもりなのでしょうか?

と、そんなこんなですっかり引き込まれてしまったわけで・・・「破」見に行っちゃおうかな。

|

« CLAMPニコニコ降臨って、ちょw | トップページ | ワットチェッカー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/45358026

この記事へのトラックバック一覧です: ラミエルかっこよす:

« CLAMPニコニコ降臨って、ちょw | トップページ | ワットチェッカー »