« KOTOKOライブ参戦! | トップページ | ライブ会場入場 »

2010/08/07

CR-Zファンマガジン

書店をふらついていたら発見。

CR-Zファンマガジンなる雑誌。

Crz

なんか、みんカラの人がたくさん出ているっぽい。

やべえ、こんな本見てると、弄りたくなる。お金ないから無理なんですが・・・。

ところで、IMAバッテリーへの強制充電なんて出来るんですね。

説明書とかに載っていたのでしょうか?

ちなみにやり方は、ギアをニュートラル(CVTはN)にして、アクセルを踏み、エンジン回転数を3500〜4000にしてやると、強制充電状態になるそうです。

で、チャージバー表示が出なくなれば充電完了。

ってことは・・走行中でも可能ってこと?

雑誌には「車を止め」とは書いてありますが、車軸が廻っているとダメとは書いてない。

まぁ走行中にやってたら危ないですけど、高速走行中など、充電するチャンスが余り無い時の逃げ道として使ったり、サーキットで走行前に強制充電をする・・なんて使い道は十分あるんじゃないでしょうか?

ただ、強制充電はバッテリーに負荷がかかるそうで推奨はされないそうです。

街中とかで無駄に吹かしているCR-Zが増えないことを祈ろうw

|

« KOTOKOライブ参戦! | トップページ | ライブ会場入場 »

車・バイク」カテゴリの記事

CR-Z」カテゴリの記事

コメント

安部マリオ!どんな商品がどれぐらいの買取金額になるのかを詳しく記載させて頂きました。
一部のモデルの裏蓋には、フランスの街並みをイメージした刻印がされているものがあったり、金無垢モデルやGMT機能を搭載したモデルもあり、単純なドレスウォッチの枠を超えてファンを魅了するオメガを代表するモデルです。
内部パーツ同士の摩耗や油切れ、汚れの蓄積などが原因で時間表示のズレが起きます。
オメガではコピー商品はもちろんですが、純正の部品であってもフランケンウォッチなどのオーバーホールや修理は一切受け付けません。
年に一度の調整で済むため修正の煩わしさが少ないです。
機械式の腕時計にはオーバーホールと呼ばれる分解・内部洗浄が3年から5年程度に1度の割合で必要になります。
年に一度だけ手動で調整をすれば、1年間正確に表示されます。
月末の修正もこのモデルでは不要となります。
オダマキ博士からポケモンをもらうところまで進め、希望の性格・個体値が出るまでリセットを繰り返すというのが基本となります。
1952年誕生の初代コンステレーションから継承した12面体ダイアルに優雅な雰囲気のフルーテッドベゼルをセットしています。
特に現在でもシーマスター300やコンスタレーションのピーパンダイアルなど人気のあるビンテージものはたくさんのコピーが中国で生産されています。
英国海軍が軍用時計として採用したり、伝説的フリーダイバーのジャック・マイヨール氏が着用したりとスペックを求めるプロから愛されてきました。
2005年に誕生したプラネットオーシャン(海の惑星)が、シリコン製ヒゲセンマイ採用の自社Cal.8500を搭載しました。
3時位置にアニュアルカレンダーを搭載しています。
ヘリウムエスケープバルプを搭載しています。
ベセルやインデックスにオレンジを採用しています。
今後もご利用させて頂きたいと思います。
当時の標準的なケースサイズからすると紳士用ですが、現代では男女共に使用できる大きさです。
腕時計ブランド、オメガのスピードマスタープロフェッショナルに関して調べてみました。
またオメガのヴィンテージ時計には、コピーとは別にフランケンウォッチと呼ばれ、年代やモデルの違ういくつかのオメガの部品からひとつの時計を作ったものも多く、ケースナンバーとは合わないムーブメントやダイアル、針で構成されていたりします。

スーパーコピー 時計 https://www.kopi66.com/product/detail.aspx?id=10203

投稿: スーパーコピー 時計 | 2020/06/30 07:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CR-Zファンマガジン:

« KOTOKOライブ参戦! | トップページ | ライブ会場入場 »