« 今回の燃費(CR-Z) | トップページ | エアインテーク断熱リニューアル »

2010/08/22

パイプ類断熱加工(CR-Z)

はい、お金をかけない楽しいDIYチューニングの時間です。

今回のメニューは、エンジンルームの各種パイプの断熱加工です

使ったアイテムは、一般的な発泡ウレタン素材の水道配管用パイプ。確か2~300円くらい。

Photo

で、それをハサミで丁度良い長さに切りながら巻いて、その上からお馴染みアルミテープを貼りつけます。

ここは、エアコンホースの金属剥き出し部分(左側と右下のラジエターとコンプレッサーを繋いでいるパイプ)。右側の黒いホース部分は、ずっと下まで巻きました。

Photo

で、お次は、奥の細い金属剥き出しパイプ(エアコンパイプ)。

ここは簡単に手が届くので、悪あがき的に残っていたお風呂の保温シート+アルミテープにて断熱。

Photo_2

本当は、エンジンの奥側とかのエアコンホース(パイプ)も巻きたいのですが、なにせ狭いので^^;

あとは、エアインテーク近くのラジエターホースとエアクリボックスの真横を通るパイプにも断熱加工。(赤と緑で囲ったところ)

1

ちなみに、水色で囲った部分も今後どうにかする予定。

で、エアインテークももうちょっと見栄え良く貼り直しつつ、各所も多少綺麗に処理しての・・・全景です。

Photo_4

うん、レーシー・・・・と思い込む。

ECUボックスの上は、なんとなく。タワーバーが結構熱くなるんですよね。

そもそもECUは耐熱仕様だと思いますが、純正では真上にアッツいバーが通っていないわけで。

今思うと素材的に耐熱とか大丈夫なのか心配ですが、似たような物を使って加工している人もいるし、最高気温37度とかいった今日も、タワーバーとECUの間に入れたパイプは溶けたりしていませんでした。

と、こんな感じになったわけですが・・ディーラーとかに持っていた時、整備の人に嫌がられそうだなぁっと^^;

触ったりして変なふうにしちゃったら、とか気を使わせてしまいそうです。

まぁ、変なふうにされたとしても、アルミテープを巻き直すだけなんですがw

ちなみに、エアコンホース断熱の効果ですが、普段付けっ放しで走らないので違いを判断するのは微妙なのですが、エアコンを止めたあとの送風が暖かくなりにくくなりましたね。

あと、設定30度でも十分冷えましたよ。ちゃんとパイプ全体を断熱処理出来れば、かなりの効果があると思われます。

全体的な断熱加工の効果は・・・・。

この程度の追加加工で目に見えてどうこうなるとは思えませんが、燃費は相変わらず19km/lに迫る感じだし、最高気温37度の今日もエンジンは軽いし、前回までと同様に自己満足を得るには十分ですw

(ほんとは水温計とか油温計とかがあればいいのでしょうけどね^^;)

真似する人、います?w

|

« 今回の燃費(CR-Z) | トップページ | エアインテーク断熱リニューアル »

CR-Z」カテゴリの記事

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/49212647

この記事へのトラックバック一覧です: パイプ類断熱加工(CR-Z):

« 今回の燃費(CR-Z) | トップページ | エアインテーク断熱リニューアル »