« パイプ類断熱加工(CR-Z) | トップページ | 無料6ヶ月点検 »

2010/08/29

エアインテーク断熱リニューアル

前までは、エアインテークには・・

「アルミ箔+光沢アルミテープ」

その真横のラジエーターホースには・・・

「発泡ウレタン+光沢アルミテープ」

だったのですが、ちょいとばっかりリニューアル。

アルミテープを、もちっと高級品で断熱効果が高い「アルミガラスクロステープ」という物にしました。

パイプやらを断熱するには、割とポピュラーっぽいです。

前から気にはなっていたのですが、近所には売ってなくて、わざわざ通販するのもな・・と思っていたら通勤途中のしょぼいホームセンターに売ってるじゃないですかw

で、買いました。ついでに試しにステンレステープなるものも。

Dvc00241

熱伝導率で言えば純粋アルミよりステンレスの方が熱を伝えにくいのですが、興味本位で買っただけで、今回は使いませんw。

ちなみに、硬くてインテークとかの曲がりくねった部分に使うには、加工が難しそうでした。

で、ラジエーターホースには、前回巻いた物に少し長さをプラスして、その上からガラスクロステープを貼りました。

Dvc00243

出っ張っているのは、中に巻いたタイラップです。

で、ちと見きれている奥は、エアインテークに巻いたアルミを全部一度剥がして、より断熱性を高める目的で、発泡ポリエチレン+アルミ加工の保温シートを下地として巻き始めているところです。

ただアルミを巻くよりも、エンジンルームの熱がインテーク内に伝わりにくく、冬場には適度に保温して、インテークが冷えすぎないようになるかなっと思ってやってみました。

で、一通り下地を巻き終わったところ。

Dvc00244

この上に、アルミガラスクロステープをペタペタ巻き巻きしていって・・・。

完成。

Dvc00245

以前のような光沢は無いですが、こっちの方が玄人好みかなっと。

インテークの口は、以前の光沢アルミを残していますけどね。

一応全景。

Dvc00246

さて、このアルミガラスクロステープ、剥離紙がありません。

そのためか、テープの重ね張りをした時の張り付き強度がイマイチ弱い気がする・・・。

日が経ったら剥がれてしまいそうな・・・。それとも、時間が足れば癒着する?

まぁ、様子見、ですかね。

でも、光沢アルミテープと違って、シワとかを気にせず作業出来るのは楽でいいですねw

で、ステンレステープ・・うまく加工出来れば格好良さそうなのですが、如何せん固い。

インテークに綺麗に巻くのは、私には無理。

で、ちょっと思いついたのが、IPU周り。

トランク内のボディ部分に貼り付けるとか、IPUのある下回りに貼り付けるとかすれば、断熱になるかな?。

でも、長さ単価で見ると、アルミガラスクロステープの倍くらいするので、微妙なところw

見栄えだけを考えれば、リアバンパーの下(反射板があるところ)とかに綺麗に貼ってもいいかな~。社外のディフューザーっぽく見えたり?w

どう使うか、車の各部とにらめっこですね^^

|

« パイプ類断熱加工(CR-Z) | トップページ | 無料6ヶ月点検 »

CR-Z」カテゴリの記事

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/49280242

この記事へのトラックバック一覧です: エアインテーク断熱リニューアル:

« パイプ類断熱加工(CR-Z) | トップページ | 無料6ヶ月点検 »