« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/30

ニュースで殆どやっていないけれど、とても重要な報道

リンク: NHK「かぶん」ブログ:NHK | 科学と文化のニュース | 官房参与が辞任・記者会見資料を全文掲載します.

先日辞任した官房参与の小佐古敏荘氏。

ざっくりと言えば、今の規制値はおかしい、法的手続きを踏んでいない、情報公開がなされていない(特に汚染予測)。

あまりにも過酷な規制値などを強いている政府の中には、これ以上留まることは出来ないとしての辞任だったわけです。

殆どニュースでやっておらず、よくありがちな茶番なのかと思っていたら、全然違う!

これこそ、大々的に報道し、世の中に波紋を広げなくてはいけない。

是非とも、世の中の親御さんたちや東北・関東地方の先生たちに見て欲しい。

私が住んでいるのは群馬ですが、長い目で見ても決して安心できるような状態ではないということをシッカリと理解して、学校の校庭を砂を削いだり、道を掃除したりする活動を起こして欲しい。

これ、どうしたらいいのかな。

先日書いた記事からすると、既にある程度の知識はもっていて、政府も信用してない人が多いのに、何もしてない。

そんな人達がこれを知ったとしても、「しょうがないでしょ。そんなことまで出来ないし、本当に必要なの?」となってしまいそう。

もうみんな感覚が麻痺してるのですよね・・。

そうそう、とりあえず、玄関(家の中)と玄関先をデッキブラシで掃除しました。

あとは、砂利を綺麗にするか入れ替えるかして、防草シートを張り替えて・・ってかんじです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/29

我が目を疑う光景

今日、ニュースを見ていたときのこと。

茨城の大洗で潮干狩りやサーフィンに興じる人たちが映しだされました。

いやいやいやいや、ダメですって。

うちの小学4年の子ですら、テレビ見て「あれはダメだよね?!」って分かってますよ?

政府を信じているのでしょうか?

それとも無知なだけなのでしょうか?

インタビューを受けた人が「心配ですけどね~」なんて言っていましたが、今年一年くらい我慢できなかったのでしょうか?

汚染がどうなるのか、様子を見てもいいんじゃないでしょうか?

こうして少しずつ、色んな意味での汚染が広がっていくんでしょうね・・・。

政府や保安院、東電、各種国際機関の罪は重いですよ。ほんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網戸フィルターこんな感じ

不織布を購入して施工した網戸フィルターです。

Dvc00419

不織布で網戸ユニット(?)を包んでみましたので、うちと外に不織布がフィルターとして存在することになります。

元々の商品コンセプトとしては、それほど高密度なフィルターではないので、2枚くらいあったほうがいいかなと。

まぁ不織布ではあるので、普通のガーゼやフィルターよりは密度は高いでしょうけどね。

しかし、季節が冬だったことは不幸中の幸いでした。

お陰で窓を開けなくてもそれほど問題なかったので、画像の窓は数カ月ぶりにあけました。

ほんと、これが夏だったら相当厳しかったでしょうね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極端な話、それは自殺願望では?

武田教授のブログにもありましたが、放射能に対してイマイチ危機感が足りない人たちの理由を、私も実感しました。

職場も節電の一環として、空調を止めているのですが、さすがに暑いので換気窓をあけます。

せっかく空調を止めて放射性物質の侵入が減っているのに、窓なんて開けたら・・・と私は思っていました。

でも、マジ暑くて開けないと無理なので、マスクをして諦めてましたが、今日はかなりの強風。

フロアがなんだか砂っぽい。

そんな時、一人の人が冗談半分で「放射能が~」といったら、「みんな同じだから仕方ないんじゃない」という声が。

そうか、これか、と。

私としては、貴方たちの自殺願望には付き合っていられないと思ってしまいました。

ちと極端な言い方ですが、ようは「赤信号、みんなで渡れば怖くない」的な考え。

危ないことを知らないんじゃなく、きちんと知っている。

でも、防御も対策もとらない理由。

「みんな同じなんだから仕方ない」

つまり自分たちの子どもがガンになっても、「原発事故があったんだから仕方ないよ」っと言えるということ。

みんな、おかしいよ!

政府も各省庁も規制値を緩めて「大丈夫」と発表してしまっている以上、学校や施設での対策は望めない。

あとは個人個人が対策を取るしか無いのに、その個人も諦めてる。

近所の公園では強風の中、子供たちが遊んでいるし、赤ちゃんも普通に散歩してる。

しかもそれが大多数。

もうね、日本\(^o^)/オワタって感じです。

でも、私は風の強い日には子供を外で遊ばせませんし、マスクをするのは止めませんし、掃除もして網戸にフィルター貼って、子供には水道水は飲ませず、関東&福島産の食べ物は買わず、玄関&庭をデッキブラシで掃除して、変えられるところは砂利や土を変えたりしていきます。

外で子供たちが被曝するのは避けられないですが、家にいる間は出来るだけゼロに近づけてあげたい。

何度も書いていますが、それが親としての努め、責任です。

自分たちのできることはしていきますが、諦めている他人のために被害を受けるのはやりきれないな・・・。

まぁ、諦めてる人がいるお陰で、遠い産地の食べ物や飲み物を買うのが楽ではあるのですが^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最近の買い物

家計に余裕もないのですが、家族(特に子供)を放射能の脅威から守るためには、ある程度の出費は覚悟して買い物をしなくていけません。

前に、網戸に付ける不織布フィルターを紹介しましたが、他にもいくつかグッズを買いました。

・掃除機用延長ホース

これは昔からありますね。掃除機本体は家の外とかに出して、長いホースでお掃除できる代物。

家の中で掃除機付けたときに埃が舞うので、こんなことがなくても気にはなっていたのですが、購入。4000円代。

・不織布フィルター(50cm×900cm)

ベルメゾンネットで発見。好きな大きさにカットして使うタイプ。

片面には粘着性があるので、どこにでも貼りつけられて、結果的に細かい埃も粘着部分で収集できる代物。

メーカーの使用方法の想定としては換気扇っぽいですが、私は網戸に小窓の網戸用として使う予定。

ちりや埃を室内に入れなければ、放射性物質の侵入も減らせるでしょう。

・車用エアコンフィルター。

話題のゼオライト入りフィルター。

・エアコンフィルター

こちらは家用。よくあるエアコンの外側に付けるやつです。こちらもゼオライト使用と書いてあったので購入。ちなみにダイソーで105円^^

ちと散財してしまいましたが、それなりに効果がある者たちでしょう。

そろそろ空間に飛んでいる放射性物質も少なくなってはいますが、風が吹けば舞い上がるし、まだまだ絶賛吹き出し中なので用心できるところはしておかないと!

GWは、家中大掃除実行予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/28

クレカ、変えるべき?

官房長官のコメントが出るほど大騒ぎのPSN障害(ハッキング)。

ハッカーが存在してネットで繋がっている以上、標的になってしまえば絶対に破れないセキュリティなんてものはありませんので、こういうリスクは覚悟をしなくてはいけません。

で、実際にクレジットカードの情報は取られたのかどうか?

そこが問題なわけです。

報道発表は、「痕跡はないけど、可能性は否定出来ない」というなんとも歯切れの悪いもの。

たいていこういうときは、「クレジットカード情報の漏洩はありません」っていいますよね?

ってことは、マジやばい?

今のところ(4月27日現在)、私のカードの取引情報は正常ですが・・。

とはいえ、クレジットカード止めて番号変更した方が賢明ですかね。

引き落とし関係を変えなくてはいけないので、めんどくさいけど^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほど、そうきたか!

なんだか輪番停電が過去のことに思えてきた、昨今。

一時期、家電のために1000VA程度のUPSを導入しようかと本気で調べていたのですが、お値段もあって踏ん切りが付かず。

そうこうしていたら、なんと、充電式のバッテリー内蔵扇風機なんて物が登場してきていましたw

もうね、これなんて色々付いてて、十徳ナイフを思い出したw。

でも、ファンが小さいので、こっちが実用的ですかね。

これならファンが30cmあるし、首振りもあるので普通に使えそう。

何万もするUPSを買う必要も無いし。

まぁ問題は、冷蔵庫なんですが^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/17

換気を最小限にしている中で

リンク: 株式会社ニトムズ | SPECIAL 快適換気アイテム.

子供用の飲料水や、夏に向けてのグッズを探してホームセンターを回っていたら、「網戸用花粉フィルター」なるものを見つけました。(購入価格:880円)

ってか、初めにこの系のメーカーをチェックしとけって感じか^^;

本来の用途としては、網戸の外に貼りつけて花粉や埃の侵入を防ぐ物(不織布)です。

メーカー公称値としては、花粉80%カット。

さて、具体的にどの程度の放射性物質が漂っているのかは不明確ですが、家の換気は必要最低限にする必要があります。

我が家では窓は開けず、換気扇に目張りをしてフィルターを貼りつけて多少は換気扇を回しています。

ただね、やっぱり窓を一切開けないというのはちとキツイ。カビも生えやすいし。

そこでこのグッズを活用してみようと思ったわけです。

これ付けておけば、風のある日はNGですが、穏やかな日には多少窓を開けても平気なんじゃないかと。

実際に平気か平気じゃないかは分からないんですが orz

あ、商品的にはおっきな窓に付けるのですが、我が家では小窓に付けました。

さすがにリビングの窓にこれは暗いでしょうから^^;

あとは・・どの程度耐久性があるか、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/16

群馬県、頑張ってる?

関東の中でも割と放射能関係の数値が低い群馬県ですが、アテになるのか微妙な屋上モニタリングポストと、桐生市にある群大キャンパス内?のサーベイメーターしか計られていませんでした。

それがいきなり、4月15日から観測地点が増えてる。

しかも全てが、より実生活に近い環境で計測している可能性が高いサーベイメーター。

うむ、いいことです。

公的機関の発表値をどこまで信じていいのか、微妙なところですが、数割高めに考えておけば目安にはなるでしょう。

たまにyahooで見かける、群馬辺りの個人測定値とも、それほどかけ離れていないですしね。

で、群馬県各地の数値をみると、平年平均値内~2倍くらいでしょうか

感覚的には、前橋のサーベイメーターが目安かな?

降下物も本当か嘘か、4日連続で観測可能な核種全てが測定限界以下。

水道水もかなり数値が下がっており、セシウムは測定限界以下の日も多くなってきました。

もうあと何回か雨が降ってくれれば、地面の放射性物質も流れたり、ちょっと沁み込んだりして線量は減ってくれるかな~と思います。

それでも減らなかったら、あとはセシウムの影響なので、諦めるしかないかも。

でも2chとかみると、西日本でも個人測定で普通に0.1マイクロ以上とかでてるんですよね。

うーん、良く解らん^^;

日本全国仲良くアボーン、なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/14

ちょwおまw(震災関係ニュース)

リンク: 2011年4月13日のヘッドラインニュース - GIGAZINE.

ええ、テレビで見てましたよ。リアルタイムに。

そして吹きましたよw

トップをねらえが元ネタの、「オカエリナサイ」(イは左右反転)。

実際に空港で見た人の中に元ネタが分かった人はどのくらいいたのだろうか。

私がその場に立ち会えたなら、たぶん泣く。

GIGAZINEの記事にもありますが、腕を組んでこの人と見つめ合うことでしょうw

どうしたって暗くなってしまう震災関連ニュースですが、ちょいと明るく前向きになれました^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/12

運命はどこまで残酷なのか

震災の傷も癒えず、いまだに被害の全容は明らかにならず、政府の保身によって高レベルの放射線量を記録しているのにも関わらず管理区域(避難区域)にならずに生活を送られている場所がある中、先週の金曜日、そして丁度一ヶ月後の今日、大きな地震が発生しました。

運命はどこまで残酷なのでしょうか。

神も仏もないのでしょうか。

某知事の言葉を借りるなら、もう十分に天罰は受けました。

こんな大きな地震が続いては、復興もままなりませんし、原発が止めを食らいかねない。

どうか、一日でも早く、復興と原発安定化にのみ専念出来ますように・・・。

そして、政府は正しい専門家の意見のもと、一刻も早く高レベルの放射線量を記録している地域への避難指示と立ち入り禁止措置を講じて欲しいものです。

もう隠し立ては無意味です。

混乱するかも知れない、罵声を浴びるかも知れない、でも、国民をむざむざ死なせるよりは遥かに良いでしょう。

どう考えたって、セシウムなどの半減期30年オーバーの放射性物質が大量に降り注いでしまった地域でそうそう簡単に人が生活出来るわけがありません。

ようやく、限度は1ミリシーベルトであったり、総量が問題だと報じるマスコミが現れたりしてきたんです。

きちんと説明し、謝罪し、保障をし、正式に管理区域にするべきです。

風評被害と実害を履き違えないようにするためにも、必要なことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/07

思わぬ効果と子供たちと

食品やら水道水やらからの放射性物質数値も日々気にする生活。

子供も小さい(小学4年と新1年)ですから、やっぱり摂取しない方がよいので、食べ物は外国産や西日本や北海道であったり、2リッター98円とかで売ってる安い水でしのいだりしています。

まぁ、群馬県は前にも書いたように数値的には低いほうなので、気にしすぎと言われるかもしれまれんが、これまで「0」であったものが例え「1」でも検出され、それが自発的に、覚悟を持って行っている行為の結果ではないわけで、子供の将来も考えると、やっぱり安全をとってしまいます。(それが親として当然の勤めですから)

で、理論的には放射性物質を除去できると、チマタで話題のRO膜を使った逆浸透方式の浄水器も試してみたのですが・・・。

やべぇ、米が旨いw

あ、試したと言っても機械なんて買えないですよ?よくスーパーとかで置いてある奴を試しました(なにせ水代はタダなんで。容器が高いけどw)。

なんか、ひと粒ひと粒が立っていて、無駄な粘り気がなく、甘い。

うーん、これは、放射性物質の脅威が去ったあとでも使い続けちゃうかもw

にしても、ちょこちょこ書いていますが、普通に子供を外で遊ばせている親はどういう神経をしているのだろうか。

ガンになる確率の上昇なんて、コンマ数%~数%なんだとは思いますよ?

でも、それは覚悟のうえで行った行為(例えばタバコとか)からくる結果ではないんです。

例え、事故の前と比べて、10000人に数人レベルでガンの発症者が増えるだけだとしても、それをあ~そうですか、なんて軽々しく受け入れることは出来ません。

自分の子どもたちがその対象になっていると考えたら、恐ろしくてたまりません。

どこぞの教授の言葉ではないですが、将来子供がガンになったとき、子供になんて説明をして、自分の中でどんな言い訳を作るつもりなのでしょうか。

今、やれる範囲での自衛をしておけば、将来良くない結果になったとしても、あの時あれだけやったのだから、それでもダメなら仕方ないと受け入れることも出来るハズ。

私は、子供たちが分かる範囲で分かるように、現状のことと将来のリスクを説明しました。

その上で、私たち親が出来るだけ守ることと、約束事を守ってほしいと伝えました。

それが親としての責任だと思ったからです。

子供に言ってもしょうがない、とか、不安にさせるだけ、なんていうのは無責任です。

子供が追うリスクを、例えコンマ数%でも減らしてあげたい。

そう考えれば、マスクもなしで砂場で遊んだり、普通に外出したりなんてとても出来ないと思うんですよね。

それから、学校の校庭の放射線量とか降下物の測定とかして欲しい。

市長宛のメールとやらに送ったりしているのですが、無視でしょうね・・。

こういう活動とか署名とかってどうしたら動かせるのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/06

ついに不検出

我らが群馬県の降下物の監視において、ついにヨウ素が不検出となりました。

この辺りは日々変化するでしょうから注視が必要ですが、水道水の数値も暫定規制値前の通常時の10ベクレルも軽く下回り、WHOの指標である「1ベクレル」までもう少し。(セシウムは一部不検出)

このまま原発が悪化しなければ、極端に土壌などの汚染レベルが上がることはないかな、と若干安心しています。

まぁ降り注いでしまった半減期30年のセシウムをどうするか、ですが・・。

皆さん、○○ベクレルだから、安心です!とか、それを一年食べても○○シーベルトだから大丈夫!などという法律を無視した個人見解のテレビ報道には要注意です。

本来、法律上一般人が受けてもいいのは、自然界要因以外に、年間1ミリシーベルトです。(ちなみに、医療従事者は体外被爆50ミリシーベルトとかで一旦検査禁止になるようですが、だからといって医者も元気に働いてますけど)

体外、体内被曝する要因全てが累積されるということを念頭に置いて、自衛しましょう。

なんというか、今も公園の砂場で普通に遊んでいる子供がいるのはちょっと信じられないのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »