« 当たるものですね | トップページ | 大丈夫っぽい?(放射能関係) »

2011/08/14

なんだろう、全ては無駄なのか?

本来は、前向きな記事を書こうとしていたのですが、ちょっと看過出来ない情報を観てしまったので・・・。

2chでガイガーカウンターやらの情報を集めていたら、北海道や愛媛県から高い線量の報告が上がっています。

北海道はふくいち由来な気がしますし、複数の計測結果が無いので許容範囲のレベルかもしれませんが、愛媛県はさすがにふくいち由来ではないのかな。

で、聞けば一年ほど前に玄海原発で、かなりの量の放射能漏れがあったらしいとのこと。

主にヨウ素だったっぽいのですが、いまだに高い線量の報告があるということは、ヨウ素以外もそれなりに?

ってことはですよ、西日本の野菜や西日本の工場で作られた食品を買っても、こっちよりは博打要素が低いだけでリスクはある・・のですよね。

ふくいちのことで多くの放射能測定人が現れましたから、今後も思わぬ高線量箇所が発見されるかもしれません。

そうなったとき、果たして日本に安心して暮らせる地域、安心して食べられる食品が存在するのか、今頑張っていることが無駄になってしまうのではないかという思いが拭えなくなってしまいました。

実は、国が隠しているせいで、(今回のふくいちがトドメで、東日本が許容できない汚染レベルになったというのはありますが)ずっとそんな環境で暮らしてきているんですね・・・。

でも、諦めたらきっと後悔する。頑張るしかないんです。

素人でも行政でもいい、もっともっと広範囲で細かく測定し、日本の姿を明らかにして欲しいものです。

|

« 当たるものですね | トップページ | 大丈夫っぽい?(放射能関係) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あきらめたら、今よりひどくなるのは確実ですよね。でも、いま一番私をなやませているのは、家族間の温度差でしょうか。お盆やすみで違いがはっきりしました。私を含め自分の親族は年齢に関係なく原発に関心あり、対策をとりつづけていて、旦那をふくめ、旦那側の親族は関心なしといったところでした。特に夫婦間の温度差が一番きついですね。でもまだ幼いこどものこれからがかかっているので、息抜きしながら頑張っていこうとおもいます。

投稿: 桐生ママ | 2011/08/17 07:38

放射線障害には色々な意見があって、その辺りの確定情報がどんな専門家も分からない、というのも原因でしょうね。
まぁ、政府の「安全・安心」だけは信用なりませんけど^^:

私も、温度差、というほどではないですが、会社の同僚や後輩と話しても「気をつけたほうがいいのかな~」で終わる人が殆どな状況に囲まれています。
というか、群馬県辺りだとそういう人が大多数なのではないでしょうか。
うちは前にも書きましたが、幸いにも妻も協力的というか、「パパのしてることは間違ってない」と言ってくれるので助かっていますが、無防備な周囲との格差はどうにもなりませんね・・。
特に隣の畑やら、近隣のガーデニングバリバリの庭を見ると・・・。

必要以上に頑張りすぎて、ストレスになってしまうと、放射能ではなくそっちが原因で体調を崩してしまいかねないです。
私のブログでよければ、グチでも何でもカキコしてもらって全然OKですので、根を詰めすぎないようにして下さいね。

投稿: tai | 2011/08/19 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/52476348

この記事へのトラックバック一覧です: なんだろう、全ては無駄なのか?:

« 当たるものですね | トップページ | 大丈夫っぽい?(放射能関係) »