« 2012年12月 | トップページ | 2016年7月 »

2013年3月

2013/03/15

SPOONサス on CR-Z

やっと明るい時に写真を撮ったので、改めてブログにアップ。

内容は、車高ダウンとロール、ピッチの低減を目的として、愛車CR-Z(ZF1)にSPOONのPROGRESSIVE・SPRINGを組み込んだ感想と画像です。

走行性能で見れば、ダウンサスだけ入れるのはNGだとは分かっていますが、予算がね^^;

もし、今後臨時収入的な物があれば、ショックも・・とは思いますが、まぁ、ないでしょうね。

って、そんな収入があったら、家計に使えって感じですか

さて、以下ツイッターでつぶやいた要約。

フェンダーとのクリアランスは、初代インテRのノーマル状態くらい。

アライメントはちゃんとは調整してないので、したい。

ロールもピッチも減って、ストレスはだいぶなくなった。

リアが沈まないからか加速のレスポンスもいいように感じる。

ただちょっと跳ねる感じがある。(慣らしが進めば安定するのかはまだ不明)

ってところかな。

後は追加で、ホイールスピンまでの限界が高くなった。

純正でホイールスピンしてた踏み加減では、ホイールスピンせずって感じです。

バネレート的には純正とそれほど変わらず、リアについては可変バネレートで下限はノーマルより柔らかい。

でも乗り味については、サスの動く量が減っているせいか、ノーマルより固い印象です。

アライメントですが、ディーラーでトーは見てくれて、フロントもリアもアウト側に振れてたとのこと。

フロントはおおよそ純正位置にしてくれたけど、リアは出来ないですからね。

数値的には許容範囲ギリギリっぽいので、出来る範囲で足回りを組み直して、出来るだけストレスがかからないようにしてくれたのですが、走りの運動性能って見ると、やっぱり劣るのかな。

まぁこれは仕方ないですか。

硬さと見た目を手に入れた代償です。

ところでこれ、ショックも変えればリアのトーは補正されるのかな?

で、見た目の写真(クリックで拡大ね)

まず純正

Dsc_0039 Dsc_0037 Dsc_0038

こう改めて横からみると、リアの車高(便宜上の言葉ね)たかいね。

で、SPOONのプログレッシブ・スプリングへ交換後。(建物の影とか逆光でちと見づらい・・)

Dsc_0047 Dsc_0048

Dsc_0049

純正からの約2.5cmダウンなのでこんなものですが、元々それなりに低く見えていたフォルムが、更に精悍さを増しました。

後は、縁石や段差に気をつけないとですね。

まぁ既にフロントのストレーキは擦ってしまって、保護テープみたいなのはボロボロですがw

最後にスペック。SPOON製が「約」なのは、n/mmをkg/mmに変換したせい。

純正:フロント/リア 2.0kg/mm/3.3kg/mm ※HKS情報

SPOON:フロント/リア 約2.6kg/mm/約2.2~3.9kg/mm ※通販サイト情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/03

ssLauncherを使う

久々ブログ更新してみる。

ツイッターでもつぶやきましたが、スマホのホーム画面を、GO Launcherから「ssLauncher」に乗り換え中。

ssLauncherってなに?って方はググって貰えれば直ぐ出てくるので詳しくはwebでって感じですが、簡単にいうと、アイコンベースのホームも作れるし、テキストベースのホームも作れるし、とにかくカスタマイズ範囲が広いホームアプリです。

で、作りこみ中のホームを晒してみます。

こういう時は、センスがある人が羨ましい・・・。

とりあえず、まずはカバーページ。

ssLauncherの場合は、トップ画面のことをカバーページと言います。

雑誌のカバー、と意識しているものと思われます。

Screenshot_20130303222829

アイコンベースのページも普通に作れますが、私はテキストベースにしてみました。

あえて、壁紙と同じような色にして目立たないように。

このランチャーの凄いところは、普通グリッドで区切られているアイコン等の設置が、自由に出来ることです。

なので、画像のような配置も可能なわけです。

で、置いたテキストがショートカットになっていて、ターゲットとして、アプリやページ、ウィジェットを割り当てられます。

私はウィジェットとして、spメールと天気予報を割り当ててます。

ウィジェットの場合、タップすると本来常時表示されているウィジェットが浮かび上がってきます。

Screenshot_20130303222846 Screenshot_20130303222912

これがなかなか格好いい。

もちろん、普通に常時表示のウィジェットを置くこともできますよ。

あとは、アプリケーショングループを1ページ作って、そのページヘのショートカットを割り当てると、タップでページを開くことができます。

Screenshot_20130303175320

ページごとに壁紙を設定することが出来るので、カテゴリーにあった壁紙を設定できます。

私は今のところ、カメラ以外に、ネット閲覧系と放射能関連アプリ、ドキュメント閲覧系のグループを作ってます。

Screenshot_20130303175332Screenshot_20130303175309

(ドキュメント系は良い壁紙が見つかってないので保留)

もちろんドロワーもあって、そこにフォルダーを作ることもできます。

Screenshot_20130303202204

なので、よく使い1タップで起動したいものは直ショートカットを置き、カテゴリでまとめたいものはページを作り、もうちょっと使用頻度は低いけどそれなりに素早く呼び出したいものはドロワー内のフォルダー、って感じでやってます。

従来型のホームも出来れば、ssLauncherを知らないAndroid使いの人が見たら「え?」ってなりそうなホームまでなんでも来いな上に、設定項目が非常に豊富で、作りこむにはそれなりの時間と労力が必要です。

ただ、その分、満足のいく自分だけのホームが手に入るので、なかなかにオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2016年7月 »