« ssLauncherを使う | トップページ | IMAバッテリー冷却計画再動 »

2013/03/15

SPOONサス on CR-Z

やっと明るい時に写真を撮ったので、改めてブログにアップ。

内容は、車高ダウンとロール、ピッチの低減を目的として、愛車CR-Z(ZF1)にSPOONのPROGRESSIVE・SPRINGを組み込んだ感想と画像です。

走行性能で見れば、ダウンサスだけ入れるのはNGだとは分かっていますが、予算がね^^;

もし、今後臨時収入的な物があれば、ショックも・・とは思いますが、まぁ、ないでしょうね。

って、そんな収入があったら、家計に使えって感じですか

さて、以下ツイッターでつぶやいた要約。

フェンダーとのクリアランスは、初代インテRのノーマル状態くらい。

アライメントはちゃんとは調整してないので、したい。

ロールもピッチも減って、ストレスはだいぶなくなった。

リアが沈まないからか加速のレスポンスもいいように感じる。

ただちょっと跳ねる感じがある。(慣らしが進めば安定するのかはまだ不明)

ってところかな。

後は追加で、ホイールスピンまでの限界が高くなった。

純正でホイールスピンしてた踏み加減では、ホイールスピンせずって感じです。

バネレート的には純正とそれほど変わらず、リアについては可変バネレートで下限はノーマルより柔らかい。

でも乗り味については、サスの動く量が減っているせいか、ノーマルより固い印象です。

アライメントですが、ディーラーでトーは見てくれて、フロントもリアもアウト側に振れてたとのこと。

フロントはおおよそ純正位置にしてくれたけど、リアは出来ないですからね。

数値的には許容範囲ギリギリっぽいので、出来る範囲で足回りを組み直して、出来るだけストレスがかからないようにしてくれたのですが、走りの運動性能って見ると、やっぱり劣るのかな。

まぁこれは仕方ないですか。

硬さと見た目を手に入れた代償です。

ところでこれ、ショックも変えればリアのトーは補正されるのかな?

で、見た目の写真(クリックで拡大ね)

まず純正

Dsc_0039 Dsc_0037 Dsc_0038

こう改めて横からみると、リアの車高(便宜上の言葉ね)たかいね。

で、SPOONのプログレッシブ・スプリングへ交換後。(建物の影とか逆光でちと見づらい・・)

Dsc_0047 Dsc_0048

Dsc_0049

純正からの約2.5cmダウンなのでこんなものですが、元々それなりに低く見えていたフォルムが、更に精悍さを増しました。

後は、縁石や段差に気をつけないとですね。

まぁ既にフロントのストレーキは擦ってしまって、保護テープみたいなのはボロボロですがw

最後にスペック。SPOON製が「約」なのは、n/mmをkg/mmに変換したせい。

純正:フロント/リア 2.0kg/mm/3.3kg/mm ※HKS情報

SPOON:フロント/リア 約2.6kg/mm/約2.2~3.9kg/mm ※通販サイト情報

|

« ssLauncherを使う | トップページ | IMAバッテリー冷却計画再動 »

CR-Z」カテゴリの記事

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89782/56929645

この記事へのトラックバック一覧です: SPOONサス on CR-Z:

« ssLauncherを使う | トップページ | IMAバッテリー冷却計画再動 »