原発事故関連

2012/08/27

空気清浄機(素人考え)

ツイッターでつぶやきましたが、空気清浄機について素人考えを書いておこうかと。

・周囲の空気しか吸ってくれない

何はなくともこれを認識した方がいいですね。

あの程度の吸引力では、いくら空気を撹拌しても、たかが知れています。

まさか部屋中の空気を綺麗にしてくれるなんて思っている人は居ないとは思いますが、そういう代物ではありません。

なので、置く場所や補助的な機器が必要です。

例えば、良く人が動くところ、玄関など。

ようは、良く埃が舞う場所と、外との接点の近くでしょう。

後は、空気清浄機の対角線上に扇風機を置くのもいいと思います。

そこまでしても、あくまでも補助的、もっと言ってしまえば気休めとも言えてしまうかも・・。

なんて言いながら、我が家では5台の空気清浄機が稼働してますけどね^^;

ちなみに、玄関、リビング、寝室、子供部屋、階段の踊場です。

玄関は、外の接点ですからね。花粉防御でも玄関に置くことは勧められています。

リビング、寝室は、まぁ、置きますよね。

で、置き場所ですが、リビングは人の通り道、寝室は、エアコンの下。

エアコンは基本内気循環ですが、ドレンパイプがありますから外との接点、そこを防御する目的です。

どの程度効果があるかは分かりませんが、フィルターに埃が溜まっている様を見ると、止められないです。

で、にっこり館様に持ち込まれた検体からとんでもない数値が出てしまったわけですが、あまりにも検体が少なく、その数値の正確性に疑問があることは、にっこり館様も書かれていますが、「仮に」あの数値が正しかったとすると、あの数値を遥かに超える屋内大気汚染があったと考えるべきと思います。

そして、その空気を生活者は吸い、集まった埃から外部被曝も受けていることになる。

あくまでも「/kg」なので、人が7万Bqを吸ったのかというとそうじゃないわけですが、そのレベルは恐らく避難区域レベルの放射線量があるはず。

我が家でも掃除機ダストを測定してもらい、300Bq/kgを超える数値が出たわけですが、これの中身は7,8割が空気清浄機のプレフィルターを掃除した埃の塊。

HEPAフィルターそのものを測ったらもっと行くのではないかと想像しますし、長いスパンで見た場合、300Bq/kgを超える室内大気汚染があったと思ってます。

だからこそ、今、ワイパーシートを溜めて測ってもらおうと計画中なのですが。

いづれにしても、フィルター関連で出た数値は、フィルターが防いでくれた以上に、身の危険があると考え、対策、対応をした方が良いと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

参考値

↓の記事にエアカウンターの数値を上げましたが、参考までに屋内の数値を。

玄関で0.06μSv/hでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のホットスポット?

ツイッターで洗濯機を買った、とつぶやきましたが、交換の際に水道のパッキンが割れていることが判明。

配送設置業者がそんなの直してくれるわけもなく、直したほうがいいですよ、と言い残し撤収。

管轄外ですからね。

なので、近所のホームセンターでパッキン購入。と思ったのですが、水道のひねるところまるごと交換しました。

んで、交換するには水道の元栓を閉める必要があるので、止水しようと弁を見に行って蓋を開けたら、土に埋もれてましたw

震災後一度も掃除をしてないので、もしかして、ここは我が家のホットスポットでは?!

と思い、止水弁を救出しつつ、掘り出した土を測定。

結果・・・

Dvc00523

0.13μSv/h。5回測って、こんな感じの平均値。

ただ、

Dvc00524

0.07μSv/hで計測終了になることも一度ありました。

割りと濃縮されていそうなところで、この数値でした。

測定場所は、群馬県伊勢崎市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/27

小学校でこんなものが配られた

小学校で、配布されました。

ちなみに、5年生。

なんつうか、おっせーーよ。

Dvc00516

個人的には、去年の3月~5月くらいでほぼ勝負は決まって、後はどうプラスアルファ被曝させないか、という感じだと思っているのに今頃考えられても、ね。

しかも、配ったときに先生から何か説明があったのかとおもいきや、ただ配っただけ。

まぁね、変に安全なんだよ~とか言われるより100倍マシですけど。

で、どんな冊子なのかと見てみたら、意外や意外、結構まとも。

変に安全を押し付けるでもなく、基本的な知識として書いてある。

で、

Dvc00515

このページの左下、わかりますかね、「放射線をうけるのはできるだけ少ないほうがいい」的な事が明記されています。

うむ、そうなんですよ。100mシーベルト以下では臨床データが無いけど、だからって浴びでも大丈夫、ではないのです。(最新の論文では100m以下でも危ない、となっていたようですが)

これが、学校の先生の共通認識であって欲しいわけですが・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/18

除染でもしたのかな?

http://www.city.isesaki.lg.jp/data/hozen/sokutei/kekka-kouen.pdf

前にも書いたのですが、伊勢崎市の放射線量測定が妙にさがってる。

いきなりこんなには下がらないだろうから・・除染でもしたのか、測定場所が違うのか。

まぁでもね、別の結果で0.15→0.08→0.13なんてバラつきすぎな測定だから、イマイチ信用が置けないのですが・・。

ちょっと後で電話してみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/09

割りと平気(屋内測定)

強風吹き荒れる今日この頃。

仕事も強風吹き荒れ、更新もままなりません。(ツイッターはちょとつぶやいてますが)

さて、何が割りと平気かといいますと、家の中の汚染です。

これだけ風が強いと隙間から砂埃も入ってきます。

目張りしたり、花粉用フィルターをつけていますが、窓枠はちょっとザラザラします。

で、エアカウンターを窓際に置いたりして測定です。

家の数カ所で測って、0.07μSv/h程度。

これは、もうずっと変わらない数値。

エアカウンターが明確に反応するほどの汚染は進んでないようです。

まぁね、家の庭で測っても0.1行かないので、そんなものかなと。

でも、汚染が「0」ではないでしょうからね・・・。どうにか現状キープしないと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/03/25

コープデリ導入

いやあ、この2週間きつかった。

睡眠時間2時間くらいの日もあったり・・・。

来週もきつそうですけど・・・。

まあ、それはそれとして、我が家でコープデリを導入しました。

来週注文で再来週に初回配達ですけどね。

理由としては、妻の買い物を楽にするため。

今まで頑張ってくれましたが、やはりフルタイムで働いて、更に産地などを気にしながら買い物をするのはキツイようです。

以前から通販という選択肢もあると伝えていたのですが、それはそれで選ぶ事自体が面倒かも、と踏ん切りがつかずにいたんですね。

でも、ちょっと限界。

と、そんなわけです。

やはり家にいながらゆっくりと選べるというのは楽でしょう。

放射性物質を気にした通販は、Oisixとか、らーでぃっしゅぼーやとか色々ありますが、割高感がありますし、産地を選べるのはコープデリも変わらないですからね。

さてさて、うまく活用できるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/12

群馬県の降下物、期間中の総量だそうです

取り急ぎ。

降下物の測定方法(発表方法)が変わりましたが、1月分は結構出ています。

担当者に質問を投げていたのですが、あれは、期間中に採取した降下物の総量だそうです。

ちなみに過去分も書いてありますが、あれは最大値、ですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/11

あれから一年。全てが変わってしまいました。

一年前の3月11日。

あの日から、全てが変わってしまいました。

日本の政府、企業、大人たちが本当に腐敗していたことを思い知りましたし、でも、そんな中まともな人達もいることを知りました。

それまでは、そんな違い、腐った構造があってもそれなりに生活を送ることができていましたが、何十年、何百年と続く放射能汚染が起こっては、物凄く重要なファクターになってきました。

いまだに食べて応援しよう、とか、基準値が下がって厳しい、とかほざいているところもあります。

汚染地域(ここもそうですが)の農家の人が、放射能の心配があるから子供たちに農作業を手伝わせないとか、家では子供たちに食べさせないとか言っているのに、作物を育てて出荷しています。

危ない物だと分かっていて、消費者へ届ける。

自分が仕事をして作った成果物が、ユーザーに危険を及ぼす可能性があり、自社ではこんなの使わないな~っと思うような物を納品する。

そんなの有り得ません。

大抵の場合、すぐに影響が出たり信用を失うわけですが、放射能の場合は影響が見えにくい。

影響が出るのは数年先、しかも影響が出るかは確率の問題ですから。

でも、一旦出荷されてしまえば、どこでどう使われるかは分かりません。

生鮮食品であれば、産地が明記されていることも多いので避けられますが、加工品はそうはいかない。

この部分は、西日本に住んでいても大差はありません。

ここ最近、少しずつですが、まともな報道も増えているようですし、食品を扱う企業の中には放射性物質に敏感なところもあります。

我々消費者としては、そういう企業の物を選ぶことで意思を表すということも重要です。

チェルノブイリ事故では、対応することに疲れておざなりになった結果、病人が増えていったとの報告もあります。

どうするのが正解なのか、今していることは理にかなっているのか、足りているのか、限られた時間の中で普段の生活も送らなければならない中、対応を続けるのはハッキリ言って疲れますが、未来を守るため、やらなくてはいけません。

世の中がそういう流れになってくれれば、ひとりひとりの苦労も減るのですがね・・・。

差し当っては食品などに注意を払うのが大切ですが、原発の状態にも注意を払わなくてはいけません。

とりあえず何とかなってますが(嘘かもですが)、ずっと綱渡りです。

特に4号機のプールにはMOX燃料が大量にありますから、あれが外界に露出してしまえば、日本は(東北、関東とかのレベルではなく)本当に終わりです。

へたすれば、北半球が終わるかもしれません。

そんなレベルの事が現在進行形なのに、この国はなんと暢気なのでしょうね・・。

そして、ここ最近震災関連の特集が目につきます。

決して忘れてはいけませんし目を逸らしてもいけないことなので、特集自体はいいことなのですが、無責任に一日も早く戻れるようとか、絆とか言っている番組には嫌気がさします。

本当に無知なのか、確認犯なのか、各方面からの圧力なのかは分かりませんが、汚染された物が出荷されれば汚染が広がりますし、汚染されたところに住めば健康が害されます。

原発によって被災した人への協力は、生産物を消費することでも、帰れますようにと祈ることでもありません。

現実を伝え、新たな場所での生活が送れるよう支援することです。

この国が、そういった方向へ舵を切る日は来るのでしょうか?

いま、あの時間になりました。

ようやく、ようやく一年です。

この先何年も、何十年も、それこそ100年以上、消えない汚染が続きます。

便利な生活を享受し、原発に何も疑問を持たなかった報いでもあります。

ですが、子供たちにまでその報いを背負わせるわけにはいかない。

起こってしまったことはどうにもなりませんが、人として正しく生きて行けるよう育て、守っていきたい。

そして、もしものことが起こっても、後悔の無いように人生を送って行こうと思います。

せめて、子供たちの未来には、このような事が起こらぬよう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/04

CPDNPの空間核種の数値がやたらと高い日がありました

事後とはいえ、未来予測には役に立っているCPDNPの空間核種探知。

とんでもない精度を誇るこの測定は、ここ最近ではちょこっと高めの日はあってもそこそこ安定していました。

で、久々に公開されたと思ったら・・・

2 月 15 日 2 月 16 日 89  135
2 月 16 日 2 月 17 日 79  126
2 月 17 日 2 月 18 日 821  1,274
2 月 18 日 2 月 19 日 71  110
2 月 19 日 2 月 20 日 88  134
2 月 20 日 2 月 21 日 171  271
2 月 21 日 2 月 22 日 86  133

なんすか?この急上昇。

ちなみに、左側の日付は測定開始で右が測定終了日。

左側の数値がCs-134、右がCs-137。

まぁね、単位がμベクレル/m3で、一日かけて採取した大気から測定されたのが、セシウム134,137合計でも0.002ベクレル/m3というとても低い値で、翌日にはすぐに下がっています。

ただ、4桁というのは去年の8月2日以来の数値。

果たして何があったのか、と調べてみたのですが、裏付けを見つけることはできませんでした。

群馬や近隣の空間線量もそんな変化ないし、何か話題に登った事件も見当たらない。

風向きも北西。

凄い強風が吹いた日も違う日。

うーーーーーん、誰か情報お持ちでないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)